FC2ブログ
化学物質過敏症・ゆるゆる仲間
化学物質過敏症(CS)と共に、ゆるやかに支え合って暮らしたい。体調により 直ぐにお返事出来ない事もありますが、書き込みお待ちしています♪

プロフィール

前向きな気持ちで
楽しい事を分け合って
お互いに助け合って・・・

yuruyuru

Author:yuruyuru
ゆるゆる仲間へのメール



カテゴリー



ブログランキング

クリックお願いします



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


■花王化学物質過敏症裁判を終えて(裁判原告本人) 

花王化学物質過敏症裁判を終えて(裁判原告本人)  神奈川労災職業病センター
2018年12月11日
https://koshc.org/archives/
804?fbclid=IwAR3VXNVHRzv4VqLHQ-05ZJPxhiAoiUAcjB9Mehn14jswotswigztgFYvS1E


花王㈱和歌山工場で、製品・原料の検査試験・分析業務に従事したことにより
化学物質過敏症(以下、CS(Chemical Sensitivity)と表記)を発症し退職に追いやられたため、
その損害賠償請求を裁判で争っていた原告です。
この度、2013(H25)年9月12日に東京地裁に提訴し、約5年に亘る期間を費やして、
2018(H30)年7月2日に判決があり、その後、被告・原告ともに控訴をしなかったため、
同年7月19日に判決が確定し、結審に至りました。

 私たちがこの裁判で目的としたものは「業務による有害物質のばく露によりCSを発症した」
との判決を得る事の一点だけでした。
日本では、なかなかCSへの理解が進まず、いまだに「CSは心因症だ」などと決めつけ、
疾病として認めない意見が大勢の中、CS患者は不当な扱いを受け、多大な不利益を被っています。
特に、CSを発症し有害物のため学校に行くことが出来ない子供達が不当な扱いを受けていること
については強く心を痛めています。労災認定においても状況は酷く、厚労省はCSを労災として
認定させないため、特別に「個別症例検討会」なるものを設置し、CS案件は実質ここで決定がされるようになりました。

 一般的に「検討会」が設置される場合は肯定派・否定派の立場の専門家を同数で構成するものですが、
この「個別症例検討会」は否定派の医師4名だけで構成されていました。従って、
当然全て「不支給決定」にされ、その検討内容なども一切公開されることもありません。
そのような中、CSの発症者は増え続け、「香害被害」という言葉も生まれました。

更に法令の改正等により、労働条件はどんどん悪くなっており、次の若い世代の安全・健康に
就労する権利が脅かされていくことへの危惧もありました。私たちは、少しでもこの流れを変える力
になりたいとの思いだけでこの裁判を戦いました。

 結果としては、判決で「原告は、被告在職中に検査分析業務に従事する過程で、
大量の化学物質の暴露を受けたことにより、有機溶剤中毒に罹患し、その後、
化学物質過敏症を発症したと認められる。」、「被告の安全配慮義務違反と原告が
化学物質過敏症に罹患したこととの間には、相当因果関係があると認められる。」
と認めていただく事ができ、CSという疾病が社会的に認められるためのステップを
1段上がることが出来たと考え、ここでの目的は達成できたと思います。
また、予想以上の反響に驚き、改めてご支援ご尽力いただきました皆様には重ね重ねお礼申し上げます。

 私が被告花王で就労させられていた環境は、労働安全衛生法、有機溶剤中毒予防規則、
特定化学物質障害予防規則等々、あらゆる法令に違反していました。
上長らには繰り返し是正・改善を求めましたが、花王は安全・品質・環境といった
利益を生まない分野への投資を良としない社風があり、就労環境が改善されるどころか、
その指摘が気に入らなかった上長らは、危険な業務が私に集中するよう担当を増やしていき、
結果として大きな障碍を負うことになってしまいました。
したがって、本損害賠償請求訴訟での原告の主張は明確で、数々の法令違反を具体的に上げ、
それと疾病との因果関係を的確に説明することでした。

 問題なのは、その主張を立証することです。
法令違反の証拠は全て被告が所持しているのですが、被告はこれを一切提示しませんでした。
被告の花王は「法令違反は全く無い。」と主張し、「有機溶剤の使用量は法定基準以下で問題無い。」
と言いながら有機溶剤の購入記録等の裏付けの証拠は提示せず、業務内容、作業内容も明らかにしませんでした。
「作業場所の換気に問題は無い。」とも主張しましたが、換気装置の仕様書や配置図の提示もありませんでした。

作業場所の環境測定を実施していないことについても「法令により免除されている。」と主張していましたが、
免除された理由・内容について説明はなく、必須条件である所轄労働基準監督署が免除を認めた
証書も提示しませんでした。
被告花王のこれらの主張はすべて嘘なのですから、証拠を提示できるはずも無いのですが、
「証拠さえ無ければ、否認さえしておけば無罪になる。」との考えが根本にあるようでした。

 それに対して原告側は、著名な研究者のご協力をいただき、就労環境の再現実験を行った結果、
有機溶剤の暴露が単体でも法定基準の10倍以上あったことを証明しました。

また、労基署に被告の法令違反を申告し臨検調査をするよう求めたところ、
2014(H26)年9月24日に被告に対し是正勧告が行われ、「有機溶剤業務を行う作業場所に、
有機溶剤の蒸気の発散源を密閉する設備、局所排気装置又はプッシュプル型換気装置を設けていない
(安衛法第22条(有機則第5条)違反)」、「定期に有機溶剤濃度を測定していない
(安衛法第65条第1項(有機則第28条第2項)違反)」、
「有機溶剤等を入れてあった空容器で有機溶剤の蒸気が発散するおそれのあるものについて、
当該容器を密閉するか、又は当該容器を屋外の一定の場所に集積していない(
安衛法第65条第1項(有機則第28条第2項)違反)」といった法令違反が明らかになり、
原告の就労環境が違法な状態であった事を証明することが出来ました。

 しかし、この是正勧告書の内容を明らかにすることは簡単ではありませんでした。
まず、労基署に情報開示を求めたところ、労基署は「業務上の秘密」や「以後、
花王の協力を得られなくなると困る。」等の理由でこれを拒否しました。

そこで、裁判上の手続きとして被告花王に対して、2015(H27)年2月13日に
文書提出命令の申し立てを行いましたが、花王も「業務上の秘密」や
「プライバシー保護」等と主張し提出を拒否しました。

裁判所はしばらくこれを保留していましたが、証人尋問の後に審議を再開し、
2017(H29)年6月16日に東京地裁(小野瀬厚裁判長)で「相手方(花王)は是正勧告書を提出せよ。」
との決定が下りました。

花王はこの決定を不服とし、東京高裁に即時抗告しましたが、同じ主張を繰り返すだけでしたので、
決定が覆ることはなく、2017(H29)年9月29日に東京高裁(中西茂裁判長)は花王の「抗告を棄却する。」
決定を行い、ようやく被告花王は「是正勧告書」を提示したのです。

この決定では、被告花王の主張を全て否定し退けただけでは無く、
同時に、和歌山労働基準監督署長の意見も厳しく非難した内容であり、判例として価値のある決定になりました。

 東京高裁でこの是正勧告書の文書提出命令が確定し、就労環境の法令違反が明らかになった後も、
被告花王は「原告の就労環境に問題は無かった。」との主張を変えませんでしたが、
そんな主張が認められるはずも無く、この再現実験と是正勧告が裏付けとなり、
作業環境での有責性については原告の主張を全面的に認めていただくことができました。
全てにおいて被告花王の対応は誠実さの欠片も無い酷いもので、呆れるばかりでした。

 次に、この就労環境での有機溶剤等暴露とCS発症との因果関係との証明ですが、
これは5名の専門医による診断結果と、うち3名の専門医による意見書、
これら内容の全てが同じ方向性を示し、原告の主張と矛盾しなかったことで、
裁判官に「急性有機溶剤中毒を繰り返した結果、慢性有機溶剤中毒へと悪化し、
更にCSに罹患した。」と認めていただく事ができました。

冒頭にも書きましたが、社会がCSという病気を認めようとしない現状で、
裁判でCSという疾病が認められた、画期的な判決をいただく事が出来ました。

 この専門医の意見書に対し、花王は和歌山工場の産業医の意見書を持って反論しましたが、
この意見書の内容も酷く合理性に欠き、理解しがたい内容でした。
要約すると「職場での有機溶剤中毒は、実際の現場を調査せずに診断することは出来ないので、
それが出来ない専門医らの診断は誤りだ。」というものでしたが、
調査できる立場にある産業医当人が「産業医は調査も診断もしない。」といった説明しており、
つまり「工場内の事は誰も調査しないし出来ないので証拠は無い。」と、
事実を隠蔽し責任を逃れようとしているとしか思えない(実際そうなのですが)内容でした。

そのような無茶苦茶な理屈が認められるはずも無く、最後になって花王が持ち出してきたのが
「時効の援用」でしたが、これについても、「いつ時効が成立した」といった説明も無く、
根拠も乏しく、ただ ごねているだけ、といった状況に見られました。本当に酷い対応でした。

 最後に、勝つことが困難とされている大企業を相手に勝訴を勝ち取ることが
出来た勝因について、私なりにまとめて終わります。どれも当然と言えば当然の
事ばかりですが、意外とそんなものです。

■ 事実である事・・・あたりまえですね。
■ 原因と結果が明確である事・・・CSは原因の特定が困難な場合もありますが、重要です。
■ 自分一人で出来ると思わない事・・・どんなに事実を合理的に説明しても、
本人の証言だけでは信用されません。
「会社は認めなかったけど、本当の事だから労基署は信じてくれるはず」
「労基署も信じてくれなかったけど、事実だから裁判所は分かってくれるはず」と考えがちですが、
それだけで認められることは、まずありません。
しかるべき立場の人に協力を求め、意見を得ることが必要です。
■ 出来る限りの準備をする事・・・証拠の収集、当面の生活費の確保など
■ 目的を明確にする事・・・裁判で何を勝ち取りたいのかを一つにしぼる。
「全部認めて」では難しいです。

 それから、CSの患者は電車やバスに乗る事さえ困難です。
それが長距離の移動をするとなると相当な覚悟が必要になります。
また思考力も低下し、ろれつも回らず、短時間話しただけでも息が上がってしまう状況で、
遠方の医師や弁護士、支援団体等の協力者に何度も相談・説明に行くことは、
肉体的にも精神的にも(経済的にも)大きなダメージがあり、後の回復には長い時間が必要になります。
しかし、ここを頑張らずに勝利することは難しく、相当な無理をすることになります。
すると一番大事なのは「覚悟」かもしれませんね。

 なので、裁判なんかやらないのが一番いいし、そもそも、体が壊れるまで無理をして
働く必要なんか全然ありません。
危険な仕事だったら取り返しがつかなくなる前に辞めたほうが利口です。
障碍を負う前なら、まだやり直しもそう難しくありません。
もう何もできないほど悪化して障碍者になっても、会社は責任をとらないし、
行政も保証してくれません。
自分と家族の健康と生活は、自分で守るしかないんです。

 以上、乱文失礼いたしました、ご容赦の程を。
私はこれから、驚くほど理不尽な理由で不支給にされた、
本裁判にかかる労災休業補償の審査請求を戦うことになります。

スポンサーサイト

■過敏症の中学生卒業 ・デジタル朝日

過敏症の中学生卒業 テレビ電話で授業、級友と心通わせ 京都

>https://mainichi.jp/articles/20190315/k00/00m/040/045000c?
fbclid=IwAR3qKr8V7qOkiUfsS-PbEqk4eTajE9Iga287cI64HXLGECIifx7ef84DfqM


京都府京丹後市立丹後中の卒業式が14日あり、3年1組の馬場真澄さん(15)が級友とともに巣立った。
化学物質過敏症でほとんど学校に通うことができなかったが、
卒業までの数日間はテレビ電話を通し、自宅で級友と同じ授業を受けた。
式後の最後のホームルーム(HR)では「友達がいることがうれしい。
優しくしてくれてありがとう。
みんなのことは心の中に大切にしまっておきます」と級友に感謝した。【塩田敏夫】

. 化学物質過敏症はわずかな物質にも反応し、頭痛や吐き気などさまざまな体調不良を起こす。
馬場さんは体育館での式には入ることができなかった。
シャンプーの香料などにも反応するからだ。
体育館のそばに立ち、聞こえてくる声を懸命に聞いた。
校歌を一緒に歌い、卒業生として名前が呼ばれると大きな声で「はい」と応えた。

 式後教室に戻る前に薬を飲み、防毒マスクを着けた。
最後のHRだけはどうしても参加したいと願った。
教室には馬場さんが作ったくす玉が飾られていた。
テレビ電話を通じた授業で、馬場さんが提案したアイデアだった。

 HRでは、級友21人がひとりひとりメッセージを語った。
同じく化学物質過敏症に苦しむ母貴洋子さん(46)は来校できなかったが、父伸介さん(60)が見守った。
馬場さんは級友への語りかけの後「お父さん、ありがとう」と感謝を伝えた。

 馬場さんは卒業後、NHKの高校講座をインターネットで受講。
高校卒業程度の基本的な学力を身に着けるとともに、無農薬で農業に取り組む。
「クラスのみんなと一緒に最後の時間を過ごせたことがうれしかった。
テレビ電話の授業はすごくためになりました」と語った。

 伸介さんは「ここまでよくこぎつけたと思います。
テレビ電話の授業に参加でき、真澄の表情がいきいきとなった。
級友と心を通わせられたのは本当に良かった」と語った。

以上転載終了
***********************************
化学物質過敏症を発症した子供たちにとって、学校はとても厳しい環境です。

級友や、教職員、保護者の協力と理解を得られ、
この日を迎えることができたことは本当に嬉しいことです。
それでも、通学できる環境が整えられないことに、
喜びと悔しさに心を痛め涙にくれました。

全国で同じ苦しみの中にいる子供たちのためにも、
一日も早く社会全体で環境整備がされますよう心より願っています。




■リベラル21 「脱・香害」について2019.3.12

リベラル21
2019.03.12
「脱・香害」めざす動きが各地で始まっている


■岡田 幹治 (フリーライター)
http://lib21.blog96.fc2.com/blog-entry-4681.html
一部抜粋

「香害」が依然として深刻な一方で、「脱・香害」をめざす動きが、少しずつだが始まっている。
きれいな空気の大切さと説く絵本を学校に贈った労働組合、公共施設の一部を被害者に配慮したものにする熊本市などだ。
各地で始まった動きを報告しよう。

 「香害」は、香りつき商品の成分で健康被害を受ける人たちが急増している「新しい公害」のこと。
これに対して、被害者を助けたり、減らしたりするのが「脱・香害」だ。

◆職員組合が絵本を小中学校に贈った
◆被害者に配慮した公共施設を建設
◆日本医師会が香害を認知

*******************************************
岡田幹治氏より、拡散の了解を得ています。
長文ですが、「脱・香害」について是非閲覧ください。
*******************************************



■2月24日TV放送・ラジオ放送・「香害110番」DVD

日本消費者連盟さまよりのお知らせです。

以下転載させてもらいました。
2019年2月24日(日) 24:55【拡大枠】

化学物質過敏症
~私たちは逃げなければいけないのですか~


柔軟剤や整髪料、食品添加物、農薬等、身の周りにある化学物質に
過敏に反応し頭痛やめまい、吐き気などの体調不良で苦しむ人たちがいます。
その病名は化学物質過敏症。発症すると、揮発した化学物質のにおいで
自宅にいても体調が悪くなる人もいます。

人々の柔軟剤の香りや農薬散布などに苦しむ女性や教室の床ワックスの
においで学校に通えない小学生を取材。
さまざまな患者の苦悩に迫り、暮らしに潜む危険性に警鐘を鳴らす。
【制作:テレビ金沢】

TVは深夜放送ですが、録画くださって出来るだけ
たくさんの皆様に見て頂きたく掲載しました。

*************************
香害110番の関係者みなさまへ

お世話になります。
化学物質過敏症をテーマにしたドキュメントのご案内です。

先日、お知らせしましたニュース エブリの化学物質過敏症特集がネットにアッ
プされています。
http://www.news24.jp/articles/2019/01/30/23415653.html

またNNNで2月24日(日) 24:55~1時間枠で以下の放送があります。
http://www.ntv.co.jp/document/
いずれもテレビ金沢の中崎清栄ディレクターの制作です。
中崎さんの作品は、いくつもの賞を取られていて、2月24日は全国放送なので期
待大です。日本消費者連盟も取材に協力しています。ぜひご覧ください。


★ついでに日本消費者連盟の香害担当・杉浦陽子のラジオ出演のお知らせです。
 広島のかたがいらしたら、ぜひ宣伝をよろしくお願いします。

RCCラジオ(広島)
番組名:「新里カオリのうららか日曜日」(AM 1350kHz広島)
出演日時:2月10日(日)10:05〜 (およそ15分から20分)
※生放送になります。
内容:「香害について・映画「香害110番」について」


★日本消費者連盟が制作しますDVD「香害110番」も完成に近づいています★

 現在、クラウドファンディングで目標50万円のところ42万円を越えました。
ご協力いただいた皆様に感謝申し上げるとともに、残り3週間あまりで目標を達
成できますよう、もう一段の情報拡散、宣伝をお願いする次第です。
モーションギャラリーのサイト↓
https://motion-gallery.net/projects/kougai110

このたび制作の大野和興がツイッターを始めましたので、拡散にご使用いただけ
ればと思います。
https://twitter.com/hashtag/%E9%A6%99%E5%AE%B3110%E7%95%AA?src=hash

また郵便振替でも同様にご寄付いただけますので、どうぞよろしくお願いいたします。


日本消費者連盟 香害担当 杉浦 陽子


************************************************
 日本消費者連盟 Consumers Union of Japan
 e-mail address: office.j@nishoren.org
 URL: http://www.nishoren.org/
 TEL: 03-5155-4765 (81)-3-5155-4765
 FAX: 03-5155-4767 (81)-3-5155-4767
 【住所・Address】
 〒169-0051 東京都新宿区西早稲田1-9-19-207
 1-9-19-207, Nishi-Waseda, Shinjuku-ku
 Tokyo 169-0051, JAPAN
***************************************************




謹 賀 新 年

謹 賀 新 年

遅ればせながら新年のご挨拶申し上げます。

昨年も、様々な方々にお会いしお話する機会に恵まれました。
その節は、大変お世話になり心より感謝申します。
今年も、さらなる認知並びに周知活動に歩んでまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

以下2件のお知らせとご協力をお願いします。
********************
①香害110番DVD製作の協力のお願い
https://motion-gallery.net/projects/kougai110

日本消費者連盟から連絡がありました。
香害に関するDVD制作のためにクラウドファンディングを立ち上げたそうです。
協力者から資金を募集してその費用に当てるという方法です。
関心のある方は、ぜひぜひご協力お願いします。

なかなか香害が理解されない、言い出しづらいなどの問題点もありますが、
DVDが完成したら、子供たち教育関係者や保護者など多くの皆様に見ていただいて、
子どもの健康を守って行きたいと思っています。

②グリサホサート製品及びネオニコチノイド系農薬製品の販売中止を求める署名

署名用紙
 ↓
https://blogs.yahoo.co.jp/kankitiao/folder/479680.html
集約日:2019・5月末 呼びかけ団体 小樽・子どもと環境を考える親の会
郵送先:047‐0043小樽市富岡2-3-12絵本と環境雑貨 ワオキツネザル宛て
*用紙はコピーし何枚でも送ってください。

**************************


■DVD「香害110番」のクラウドファンディングご協力のお願い

日本消費者連盟
https://motion-gallery.net/projects/kougai110?fbclid=IwAR2JaOysiFnap1KoTn6c0qJB7yZeko_8hvZXqxIAgfOv1FsA7njABSrFRZU

「香害110番」にご連絡いただいた皆さま
 香害に苦しむ皆さま
 香害をなくすために活動されているすべての皆さまへ

DVD「香害110番」のクラウドファンディングご協力のお願い
 
 日本消費者連盟は、昨夏香害に苦しむ人を対象にした電話相談窓口「香害110番」を実施して以降、
香害をなくすための活動を続けてきました。

 このたび香害について社会的認知を広げ、問題解決に向けて市民が力を合わせていけるよう、
学習会などで使っていただけるDVD「香害110番」の制作に踏み切ることにしました。

 皆さまからのご寄付をウェブ上で募集するクラウドファンディンを立ち上げましたので、
ぜひともご協力のほどよろしくお願いいたします。下記をご覧ください。
https://motion-gallery.net/projects/kougai110

 今回のクラウドファンディングは、香害を多くの人に知ってもらうための手段とも位置付けております。
ぜひとも、SNSなどで拡散いただきますよう、よろしくお願いいたします。

日消連 香害担当 杉浦陽子


■署名を開始いたします! 小樽・子どもの環境を考える親の会

<小樽・子どもの環境を考える親の会>
署名を開始いたします!!
全国のみなさま
  ご協力お願いいたします。
グリホサート製品及びネオニコチノイド系農薬製品の
              販売中止を求める署名



集約日 2019年5月末 

   呼びかけ団体 小樽・子どもの環境を考える親の会

   郵送先 047-0033 小樽市富岡2-3-12 

       絵本と環境雑貨 ワオキツネザル 宛て

    ※用紙はA4にコピーし何枚でも送ってください!!

    また、シェア・拡散も

     宜しくお願いいたします。


https://blogs.yahoo.co.jp/kankitiao/16013970.html?fbclid=IwAR0HMPaIhVFRw1cdkY3wHI9ytXXWbSGcmy0tP9SOGD8zs70AJbF1f3an5AY





■学校に通いたい 子どもの香害 

生活協同組合 コープ自然派 news カルテットVol.421・422 (2018.11.19~11.30配布)に掲載されました。

子どもたちがおかれている現状を知ってください。

子どもたちを苦しめていのは、私たち大人なのです。

そして苦しんでいる子どもたちを守れるのも、私たち大人です。

今すぐできることがあります!!

香りを含む合成洗剤、柔軟剤、制汗剤、消臭剤、殺菌剤、シャンプー、リンスなどを止めることです。

これ以上発症する子どもたちを増やさないことです。
気づいてください!!


******************************
コープ自然派 news カルテットVol.421
「学校に通いたい 子どもの香害①」 編集長 杉浦陽子 消費者リポートno1613より


15433198620.jpeg



15433198950.jpeg

コープ自然派 news Vol.422
「学校に通いたい 子どもの香害②」  編集長 杉浦陽子 消費者リポートno1613より


15433199240.jpeg



15433199540.jpeg


■小樽・子どもの環境を考える親の会

小樽・子どもの環境を考える親の会

グリホサートなど販売中止を求める要望書の回答
https://blogs.yahoo.co.jp/kankitiao/15973831.html?fbclid=IwAR3tgmZxGHz1llLPS9f4oxCbYskJUaUJhrwzKk8XGDHF3p6tv9aIcfOrVuQ

当会では、

グリホサート及びネオニコチノイド系農薬の販売中止と、できる限り人体に影響の少ない商品の販売を要望しました。https://blogs.yahoo.co.jp/kankitiao/15916000.html


         要望先

●DCMホーマック株式会社 代表取締役社長 石黒靖規様

●株式会社LIXILビバホーム 代表取締役社長兼CEO 渡邉修様

●株式会社大創産業 代表取締役社長 矢野靖二様

●アマゾンジャパン株式会社 代表取締役社長 ジャスパー・チャン様

              その回答が届きました。


各社の回答は以下です。(まとめました)

 「やっぱりね・・・」という回答と感動の回答がありました。
このあとは、全国署名を展開し、消費者の声を届けたいと思っています。
皆さんどうぞご協力お願いいたします。


100円ショップダイソーの新社長矢野靖二氏、

経営者が持つべき謙虚さってこういう姿勢かな。





■テレメンタリー2018「カナリアたちの叫び」(化学物質過敏症) 動画

北海道TVで放送された番組です。

テレメンタリー2018「カナリアたちの叫び」(化学物質過敏症)

高知県では、TV旭がありませんので、まだ放送されていません。

動画配信を張り付けましたので、ぜひご覧になってください。

https://www.youtube.com/watch?v=iFAwS04R1ts&feature=share&app=desktop








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。