化学物質過敏症・ゆるゆる仲間
化学物質過敏症(CS)と共に、ゆるやかに支え合って暮らしたい。体調により 直ぐにお返事出来ない事もありますが、書き込みお待ちしています♪

プロフィール

前向きな気持ちで
楽しい事を分け合って
お互いに助け合って・・・

yuruyuru

Author:yuruyuru
ゆるゆる仲間へのメール



カテゴリー



ブログランキング

クリックお願いします



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



松食い虫農薬散布で健康被害

(2008年5月26日19時03分 読売新聞)

マツクイムシ薬剤散布で?児童ら473人が異常訴え
 島根県出雲市の小中高校15校で26日午前、児童・生徒473人が「目が痛い、かゆい」などと異常を訴えた。


 うち154人が病院で診察を受け、頭痛と視野狭さくを訴えた男子中学生1人(13)が経過観察のため入院した。


 市は、松の害虫「マツクイムシ」対策で実施した農薬の空中散布が原因とみて調査しており、29日まで計約1700ヘクタールで実施する予定だった散布を中止した。


 市によると、26日午前5時20分から約3時間、ヘリコプター2機で市内5地区計350ヘクタールに、5倍に薄めた有機リン系農薬を1ヘクタールあたり60リットル(一部地区は2・5倍希釈で1ヘクタールあたり30リットル)散布した。


 同9時半に散布地区から0・5キロ離れた市立浜山中から「異常を訴える生徒が続出している」と、市教委に連絡があり、以後も半径5キロ以内の8小学校、4中学校、2高校から同様の報告があった。市教委は児童らの病院での受診を指示。入院した1人以外の症状は軽く、全員が午前中に学校に戻った。


 松江地方気象台によると、児童らが登校する午前8時半の風速は2メートル。市は「通学路付近は午前7時半までに散布を終えた。大人の訴えはなく、なぜこんなことになったのかわからない」としている。


 有機リン系農薬は神経系に影響を与え、頭痛や目の痛み、視野狭さくなどを起こす。出雲市では1982年から実施しているが、市民団体が市に中止を求めていた。西尾理弘市長は「重く受け止め、今年の空中散布を中止することも検討したい」と話している。

2008年5月26日 読売新聞から引用



スポンサーサイト

緊急のおねがいです。

~CSを発症したままさん~」http://mamasanndesu.blog5.fc2.com/から転載しました。

緊急のおねがいです。
http://mamasanndesu.blog5.fc2.com/blog-entry-590.html

***************
転載もと記事は、「モスカルCS日記」さんです。