化学物質過敏症・ゆるゆる仲間
化学物質過敏症(CS)と共に、ゆるやかに支え合って暮らしたい。体調により 直ぐにお返事出来ない事もありますが、書き込みお待ちしています♪

プロフィール

前向きな気持ちで
楽しい事を分け合って
お互いに助け合って・・・

Author:yuruyuru
ゆるゆる仲間へのメール



カテゴリー



ブログランキング

クリックお願いします



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


大至急! 反農薬東京グループの辻 万千子さんからの呼びかけです。

シグナルキャッチさんからのお知らせです。
http://blog108.fc2.com/signalcatch/

「松枯れ対策として実施されている農薬空中散布・地上散布の即時中止の要望」
賛同団体を募っています。

反農薬東京グループの辻 万千子さんからの呼びかけです。
賛同していただける団体個人の方は、大至急辻さんまで(mtsuji@jcom.home.ne.jp)
お願いいたします。

シグナルキャッチ

--------------------------------------------------------------------------------

                     
暑中お見舞い申し上げます
反農薬東京グループの辻 万千子です。
てんとう虫情報先月号でご存じのことと思いますが、松枯れ空散で出雲市で1000人以上の被害者が出ました。
現在、原因究明委員会が開かれていますが、まだ結論は出ていません。
それよりも、松枯れの空散・地散を止めさせなければならないと思います。そこで、以下のように林野庁長官に要望を出すことにしました。

できるだけ多くの団体の賛同を得て、林野庁に迫りたいと思います。
賛同いただける団体・個人の方は7月28日までに、辻 万千子に団体名と代表者名をお知らせください。なお、このメールを関心のある方に転送していただければ幸いです。
8月の早い段階で提出したいと思います。
よろしくお願いします。

------------------------------------------------------------------------
--
                            2008年7月 日
林野庁長官    様


松枯れ対策として実施されている農薬空中散布・地上散布の即時中止の要望

 私たちは、以前から松枯れ対策として実施されている有人・無人ヘリコプタ

ーによる農薬空中散布(以下「空散」)並びに地上散布(以下「地散」)に反

対している市民団体です。貴庁には、何度も、国有林・民有林での空散・地

散中止の申し入れをしてきましたが、実施面積は減っているものの、未だ、

完全に中止になっていません。県によっては、独自の判断で中止に至った

所もあるというのに、です。
 
今年5月26日に出雲市で実施された空中散布によって子供たちを中心に少

なくとも1000人を超える健康被害があり、そのうち、2人が入院、300人以

上が受診しました。

しかもその症状は、目が痒いだけでなく、目の奥の痛み、目の回りの腫れ、

1次的な視力低下、歩行が困難になるほどのめまい・吐き気、視野狭窄、頭

痛、喉の痛み・かゆみ、倦怠感等有機リン農薬中毒症状のさまざまな症状

が訴えられていました。その上、指定病院には、専門医も配置されておら

ず、1度に大勢の被害者が押し寄せたときの体制もありませんでした。

また、症状が長引いていても、的確な診断や治療をしてもらうことができない

のが現状です。

このように大勢の人が空散実施後に被害を訴えた例は、過去、報告されて

いませんが、これは行政が、初めて自主的に被害調査を行ったから表面化

したものです。

今までも、小規模ながら空散の度に健康被害は発生しており、その度に貴

庁や県・市町村に中止を求めてきました。しかしながら、実施者側は健康被

害の訴えは一切認めず、防除実施基準すら無視した空散を続けてきました。

こうした事例をきちんと調査し、対応していれば、出雲のような被害は起こら

なかったでしょう。

この事件後、複数の団体が貴庁や県に空散中止を求めましたが、「原因が

調査中で不明だから中止できない」という理由で、一切、取り合ってもらえま

せんでした。

「原因が調査中で不明」ならば、判明するまで中止するのが「予防原則」上

求められた科学的態度というものではありませんか。

島根県では、そのように対応しています。

また、被害者は、空中散布が原因だと思っても、それを立証することには非

常な困難が伴います。

もし、無関係と主張するのであれば、無関係であることを証明する義務は、

安全な防除法であるとして空散を推奨してきた貴庁にあります。
 
私たちが長年要望してきた農薬の空散・地散反対の理由を今更ここで述べ

ようとは思いません。

貴庁は十分に知っているはずです。(資料として、今までに出した要望書を2つ出します。)

 ここに至って私たちは松枯れ対策の農薬空中散布及び地上散布の即時

中止を要求します。

団体名(代表者名)

スポンサーサイト

続・殺虫剤ニュース

やはり、心配した内容でしたね。


あまりにも安易に使用すべき物ではありませんですね。


どうか、皆様もこのような事故にあわれませんように・・・



使用者も、その周囲にいる人も巻き添えにあうのが、化学物質なのです。


使用前には、本当に使わなくてはいけない状況なのか?


この薬剤で良いのか?


他に方法がないのか?


等々、熟慮し行動に移すように、心からのお願いです。


******************


転載記事です。

http://mamasanndesu.blog5.fc2.com/blog-entry-640.html

(農薬被害ニュース)旭川の中学校で22人

この記事元は、ぼやきさんブログです。

http://blogs.yahoo.co.jp/csboyaki/12737478.html

(農薬被害ニュース)旭川の中学校で22人

2008/7/17(木) 午前 1:00

またまた、子供たちが農薬の被害にあってしまったようです。

2008年7月15日のことです。


北海道旭川市の緑が丘中学校で、こともあろうか授業中に、アリ退治用の

有機リン系殺虫剤を学校内の花壇に散布していたら、多くの生徒たちが目

や喉の痛みなどを訴えたそうです。


そのうちの22人が病院に運ばれたとのこと、さながら大惨事です。


この話題は、関東のテレビのニュースでも報道されました。


新聞では地方版に小さく載っただけです・・・。

********************

ここからは、ニュース転載。

2008/07/15 18:33 - 中学生22人が殺虫剤で体調不良に
全国ニュース


 15日午前11時50分頃、旭川の緑が丘中学校で授業中の生徒十数人が突然、目や喉の痛みなどを訴えました。
 「除草剤をまいたら煙が教室の窓から入って、具合が悪くなった子が10人ぐらい出ましたと」(保護者)

 警察によりますと、1階と2階で授業中だった22人が病院に運ばれました。いずれも症状は軽いということです。

 緑が丘中学校では、当時、用務員の男性が校庭の芝生のアリの巣に有機リン系の殺虫剤を散布していました。警察はこの殺虫剤が原因と見て、作業の手順などに問題がなかったか調べています。(15日18:04)

生徒22人病院搬送 旭川の中学校殺虫剤散布中
2008年7月15日(火)14:08

 【旭川】十五日午前十一時四十五分ごろ、旭川市緑が丘三の四、市立緑が丘中(角地了校長、生徒数六百六十三人)から「授業中の二年生が急に気分が悪くなった」と119番通報があった。同校や市教委によると、当時、校内の花壇で殺虫剤の散布作業が行われており、午後一時半現在、生徒二十二人が病院に運ばれ手当てを受けている。うち二人は入院の必要があるという。

 旭川東署などによると、気分が悪くなったのは二年の数クラスの生徒。教室はいずれも一階で、この花壇に面し、当時、花壇では同校の公務補がアリ駆除用の有機リン系の殺虫剤をまいていたという。同署は、殺虫剤が風に乗って教室に入ったとみている。



抗菌防カビ無しエアコン

エアコン洗浄がキッカケで発症した患者さんから、お知らせが入りました。

****************
昨年、東芝エアコン部に、フィルターに抗菌防カビしないでとお願いしました。
今年発売のエアコンで抗菌防カビしてない商品がでてます。
少しは商品の選択肢が増えたのでよかったです

東芝Bシリーズ
6畳 RAS-221Bから
16畳RAS-502Bまでの 機種です。

****************

PS: 発症の一因には、洗浄剤がかかわっているようですが、これも確たる実証がされているわけでもありません。
患者さんの自己申告によるものを掲載させていただいております。


上記の機種ですが、メーカー確認がとれておりません。
どうか、ご自身で安全の確認をされますようお願い致します。


無事オンエアー

長い間皆様にお知らせして来ました放送は、無事オンエアーされました。
ありがとうございました。

御覧になった皆様は、どう思われたのでしょう?

化学物質過敏症という病気の深刻さが、伝わったのでしょうか・

今発症していないから・・・
私は大丈夫・・・・とか・・・
思わないで、「明日は我が身」とおっしゃった青山Drの言葉通り、いつ自分の身に起きるか解らない病気です。

化学物質の使い過ぎは、もう止めませんか?

便利で楽しい、簡単な生活のツケは、当然自分達の身の上に関わってきます。
あなた自身が発症しなくても、大切な家族・友人・知人・親族等々が・・・と思って、一つでも使う物を減らしてみませんか?

地球環境も、私達一人一人の生活のうえにあるのです。
もっとも、深刻なことなのです。
自分でも出来るエコは、まず家庭の中にあると私は考えます。


周囲の人が使う洗濯洗剤で、苦しむ人々がいることを、どうか解ってください。
そして、あなた方の周囲に、そんな人達がいるかも知れないのです。

もし、こんな事を話している人がいたら、どうぞ話を聞いてください。

そして、ご協力お願いします




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。