化学物質過敏症・ゆるゆる仲間
化学物質過敏症(CS)と共に、ゆるやかに支え合って暮らしたい。体調により 直ぐにお返事出来ない事もありますが、書き込みお待ちしています♪

プロフィール

前向きな気持ちで
楽しい事を分け合って
お互いに助け合って・・・

Author:yuruyuru
ゆるゆる仲間へのメール



カテゴリー



ブログランキング

クリックお願いします



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


微小粒子状物質規制

超微粒子:基準設定 大気濃度、米国並みに

以下記事より引用。


空中を漂い健康被害の原因となる直径2・5マイクロメートル(マイクロは100万分の1)以下の微小粒子状物質(PM2.5)について、中央環境審議会の専門委員会は26日、米国と同レベルの環境基準を設定する案をまとめた。大気環境部会で審議したうえで、環境省が今秋にも告示する。

現行の環境基準は直径10マイクロメートル以下の浮遊粒子状物質(SPM)が対象で、より小さい粒子に絞った基準は初めて。


 基準案は大気1立方メートルあたり年平均(長期基準)で15マイクログラム以下、1日平均(短期基準)で35マイクログラム以下。


 PM2.5は、工場のばい煙やディーゼル車の排ガスのほか、黄砂や火山灰などにも含まれる。粒子が小さいため、呼吸時に気管を通り抜けて気管支や肺の奥に達し、呼吸器疾患だけでなく、肺がんや循環器の病気との関連が指摘されている。


 専門委は、大気中のPM2.5濃度と健康影響の関係を調べた国内外の研究を分析し、米国と同レベルの環境基準を設定すれば、肺がんや心筋梗塞(こうそく)で死亡するリスクを抑えられると判断した。長期間吸い込むと、低濃度でも慢性的な影響がある一方、短期間でもより高濃度の急激な影響が考えられるため、それぞれ基準を定めることにした。


 08年度は年平均11.9~22.6マイクログラムで、現状では都市部の多くで環境基準を超えるとみられる。


 環境省は全国で約40カ所ある観測地点を年内に20カ所増やすなど観測体制を大幅に強化し、PM2.5の成分や濃度の正確な把握と発生源の解明を目指す。そのうえで基準達成のための具体的な対策を産業界などに求める方針だ。【足立旬子】


引用終わり

**************************

患者仲間が、空気が変だ! しんどい! 目に刺激がある! 
空気に触れると、目の回りに様々な変化がおきてしまう。
我慢できないほど、痒みが強く皮膚に炎症もあると言っていたのです。

この記事を読むと、やはりかなり空気環境の悪化があるようです。
基準値が変わってくれば、環境対策は進んでいくのでしょうか?

CS的センサーは、すでに察知し症状悪化にもつながっています。
安心して住める環境が取り戻せるようにと、願っています。


スポンサーサイト

<化学物質過敏症>10月から病名登録、70万人救済に道

■「化学物質過敏症」病名登録へ
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=865412&media_id=2

<化学物質過敏症>10月から病名登録、70万人救済に道

6月12日3時0分配信 毎日新聞

 電子カルテシステムや電子化診療報酬請求書(レセプト)で使われる病名リストに、「化学物質過敏症(CS)」が新たに登録されることが11日分かった。10月1日付で厚生労働省と経済産業省の外郭団体・財団法人医療情報システム開発センター(東京都文京区)が改訂を予定している。国が公式にCSの存在を認めるのは初めて。健康保険で扱われる病名はこのリストに連動しており、改訂されれば、自己負担が原則だったCS治療に健保が適用されるため、推定約70万人とされる患者救済の大きな一歩となる。【宍戸護、田村佳子、河内敏康】

 厚労省にCSを公認するよう求めてきた患者団体・シックハウス連絡会(東京都)によると、同省から今年5月、センターへ病名の登録を要望するように勧められた。6月1日にセンターから「CSを10月1日に採択予定になった」と連絡があったという。

 CSの一種の「シックハウス症候群」は既に健保の適用が認められている。しかし、シックハウス症候群がホルムアルデヒドやトルエンなど室内の空気汚染で発症するのに対し、CSは農薬散布やたばこの煙などが原因で室内外を問わない。このため、厚労省は「医学的に統一した見解が確立されていない」として健保の適用を原則認めなかった。

 病名リストの改訂は年4回あり、日本医学会が監修する。リストに未記載だと事実上健保扱いにならず、医師はCSに起因する「うつ病」など別の病名で診療報酬を請求し、患者は1回約2万円の治療費を負担してきた。

 同省医療課は「病名がリストになければ、レセプトに記載してはいけないとはなっていない。ただリストに載っている病名を使うほうが保険請求しやすい」という。化学物質過敏症支援センター(横浜市)の広田しのぶ事務局長は「公認は患者の精神的な支えにもなる」と話した。

 ◇化学物質過敏症

 極微量の化学物質によって頭痛や倦怠(けんたい)感など多様な症状が表れる。体内に蓄積された有機溶剤や農薬、消毒薬などが一定量を超えると発症するといわれる。一度発症すると、多種類の微量な化学物質に反応し、重症者はほとんど外出できず日常生活が困難になる。国立公衆衛生院(現・国立保健医療科学院)の00年の調査によると、シックハウスの重症例を含む化学物質過敏症の成人患者は全国で計70万人とされる。


そよ風クリニック開業

宮田先生の新しく開業した化学物質過敏症専門のクリニックが、いよいよ今月17日からスタートするそうです。
発症者の新しい拠点として、ご活躍いただきたいと思います。

**************************

そよ風クリニック開業

化学物質過敏症:北里大名誉教授が都内に専門外来
2009年6月9日 12時3分 更新:6月9日 13時36分


検査器具を試用する宮田幹夫・北里大名誉教授=東京都杉並区荻窪で、武市公孝撮影 シックハウス症候群や化学物質過敏症治療の先駆けとして知られる北里研究所病院(東京都港区)の医師、宮田幹夫さん(73)=北里大名誉教授=が17日、東京・荻窪で専門外来「そよ風クリニック」を開業する。化学物質過敏症の成人患者は推計約70万人。しかし、専門外来がある国内9病院のうち、都内2病院は今年になって休診・縮小しており、宮田さんは「病院数が減っても患者は減っていない。体力の限り続ける」と話している。

 化学物質を著しく少ない状態にした専門外来の診察室「クリーンルーム」を99年に設けた北里研究所病院は、今年3月から一般診察室での診療に切り替えた。東京労災病院(東京都大田区)も1月から新患受け入れを中止。東日本で重症患者が診察を受けられる施設はほとんどなくなった。設備維持費の負担が大きい割に、問診や検査で診察時間がかかり採算が合わないことや、原因が複合的で対応できる医師が少ないことが背景にある。

 宮田さんは、マンションの一室を改造したクリニックに化学物質が極力出ない壁や床、空気清浄機をつけた「準クリーンルーム」を用意。微量の化学物質にも反応し体調を崩す患者の診察には不可欠との信念からだ。

 北里研究所病院の勤務も続け、クリニックでの診察は1日8人まで。健康保険の適用はなく、1回1万5000円前後と安くはない。しかし、問い合わせは関東だけでなく大阪、宮崎、北海道などからある。泊まりがけの患者にも配慮し、月末の土日も開く。家賃や人件費などで採算はギリギリだ。

 NPO法人「化学物質過敏症支援センター」(横浜市)によると、化学物質過敏症の相談件数は08年度約1450件で5年前の6割増という。広田しのぶ事務局長は「予約が半年待ちの病院もある。期待している患者は多い」と話す。 問い合わせは、そよ風クリニック(03・5335・5135)。【宍戸護、田村佳子】



岡山大病院:化学物質外来、今日開設

■岡山大病院:化学物質外来、今日開設 過敏症など治療、研究 /岡山【毎日新聞】(5月12日)
(記事)

岡山大病院(北区鹿田町)は、12日に「化学物質外来」を開設する。職業で日常的に化学物質を扱う人の診察や相談に応じたり、未解明の部分が多い化学物質過敏症やシックハウス症候群の治療、研究を進める狙い。

化学物質外来は完全予約制で、毎月第2火曜日の午後2時~4時まで診察を行う。診療時間は1人30分。原則として他の医療機関からの紹介が必要となる。詳細は同大病院HP(http://www.okayama-u.ac.jp/user/hos/kagaku/kagaku.html)に記載されている。

担当する同大大学院の荻野景規教授(公衆衛生学)は「実際に患者はいても、まだ分かっていないことも多い。症例を積み上げて症状の解明や治療法の研究も進めていきたい」と話している。


ビッグニュースです!!

朗報です!!

ぼやきさんの日記から転載させて頂きました。

シックハウス連絡会のホームページにも報告されたので、こちらでも紹介したいと思います。

ビッグニュースです!!

なんと、化学物質過敏症が保険病名として、ようやく認められることになりそうです。

■シックハウス連絡会HP/79号
http://members3.jcom.home.ne.jp/nobuko.ichikawa/home79.htm
今年の10月1日付けで、化学物質過敏症も「傷病名マスター」に病名として登録されるそうです。
これは厚生労働省 MEDIS-DC 標準病名マスター担当者からの情報だそうなので、間違いないことでしょう。

これによって、病院の診断書にも化学物質過敏症の記載が可能になるそうです。
一般の病院でも「化学物質過敏症」として通用することになります。

長年の発症者の悲願が達成されます。
感無量です。

化学物質過敏症の歴史的な瞬間に立ち会えることが出来て、私は感動しております。
シックハウス連絡会の市川さんの粘り強い交渉の賜物です。

これまで数多くの化学物質過敏症関連の団体が、病名の獲得のために頑張ってきました。
最後の決め手は、市川さんの交渉術による勝利となりました。
発症者として感謝申し上げます。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。