化学物質過敏症・ゆるゆる仲間
化学物質過敏症(CS)と共に、ゆるやかに支え合って暮らしたい。体調により 直ぐにお返事出来ない事もありますが、書き込みお待ちしています♪

プロフィール

前向きな気持ちで
楽しい事を分け合って
お互いに助け合って・・・

Author:yuruyuru
ゆるゆる仲間へのメール



カテゴリー



ブログランキング

クリックお願いします



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



「いのちの林檎」上映会・高知オーガニックマーケット

実行委員さんの、池公園の高知オーガニックマーケットさんが、「いのちの林檎」上映について、お知らせを書いてくださっていました。

池公園の土曜市・高知オーガニックマーケット
高知オーガニックマーケットのブログ

これより転載
  ↓
映画『いのちの林檎』
3/25(金)、県立美術館ホールにて、
化学物質過敏症を取り上げたドキュメンタリー映画『いのちの林檎』上映会が開催されます。

● 上映時間:13:30~15:30/16:00~18:00/19:00~21:00
● 監督&プロデューサートーク:18:00~18:30/21:00~21:30
● チケット:前売り1000円(当日1300円) ※チラシ持参の方は前売り料金で鑑賞できます
        学生は当日500円/小学生以下は無料
        オーガニックマーケットの会場でも前売りチケットを販売しております。

上映に先立ち、3/5のマーケットでは、午前9時頃より
映画の主催者による、『化学物質過敏症』に関するパネル展示が行われます。
(雨天時は3/12へ順延)

『化学物質過敏症』は、平成21年10月、国に病名認定され保健医療が受けられるようになった、アレルギー疾患同様に増え続けることが予想される、まさに現代病とも言える病気です。

もはや他人事ではない。

パネル展示、映画ともに、是非ご覧いただきたいと思います。

------------------------------------------------------------------
この上映会の主催は、メンバー=患者の「化学物質過敏症・ゆるゆる仲間」。

高知オーガニックマーケットは、後援とともに、微力ながら、上映のためのお手伝いをさせていただいています。

しかし、奇しくも上映日の3/25は、オーガニックマーケット三周年記念感謝祭の前日。
多くの出店者にとって、準備のため上映会に足を運ぶのは難しく、とても惜しいのですが・・・。

第1回上映実行委員会の席で、モンペネコさんがそのことを口にすると、
ゆるゆる仲間代表の福田さんがおっしゃいました。

「この時期を過ぎると、米作りなどの農薬散布のため外出が難しくなります。
私たちが外出できる限界が、この時期までなんです。」

---------------------------------------------------------------
昭和50年(1975)に発行された、有吉佐和子著『複合汚染(上)』。
そこでは農薬や化学肥料の人体に及ぼす害が、すでに警告されています。

このなかで紹介されている、奈良県の医師、故梁瀬義亮氏。
昭和45年(1970)、自ら有機農業の農場を開き、現在も完全無農薬有機栽培の農産物や自然食品などを販売している慈光会の創始者です。

一方、映画に出演されている木村秋則氏。
慣行農法から転換、苦闘の末、不可能と言われた無肥料・無農薬での林檎の栽培に成功し、書籍や農法の指導等で、全国に反響をひろげています。

お二人が自身の農法に行き詰まりを感じ、追い詰められ山をさまよい得た悟りは、見事に一致していました。

「農薬も肥料も使わないのに、どうして山の木はこんなに元気なんだろう?」

農薬や化学肥料は、植物が育つために、果たして本当に必要なのでしょうか。
その答えは、実際に両作品をご覧になってお確かめください。

化学物質とは、農薬・化学肥料だけではありません。
建材、合成洗剤、たばこ、香水、化粧品、整髪料、芳香剤、印刷物、食品添加物・・・
挙げきれないほど、日常に接するあらゆるものに含まれています。

約35年前の警告を機に、これらの物質は減ったでしょうか。
その結果として、現実に今起こっていることを、まずは少しでも多くの方に知っていただきたいと強く願っています。

もはや他人事ではないのです。

転載はこれまで
……………☆

こんなにも、丁寧に書いてくださってありがとうございます。
心より感謝いたします。

ぜひ上映会に足を運んでいただき、この病気を知ってくださいませ。

スポンサーサイト

■週刊金曜日2011年2月18日号は、電磁波過敏症

「週刊金曜日」の最新刊2011年2月18日(835号)は、電磁波過敏症の特集が載っています。



http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1677994602&owner_id=3033388&comment_count=1

■週刊金曜日835号HP
http://www.kinyobi.co.jp/backnum/tokushu/tokushu_kiji.php?no=1775

表紙も、「あなたはすでに囲まれている 電磁波の危険性」です。
植田武智さんや加藤やすこさんが記事を書いています。
映画「フルシグナル」も紹介されています。

以上 ぼやきさんから情報をいただきました。

・・・・・・・
化学物質過敏症と電磁波過敏症は隣り合わせです。
ぜひ関心を持っていただきたいです。

■米国 MCS啓発月間

ぼやきの化学物質過敏症さんから転載させてもらいました。

米国 MCS啓発月間

……………☆………☆

アメリカの多くの州では、化学物質過敏症を啓発する月間や週間があるそうです。

ワシントン州でも始まるそうです。


http://www.americanchronicle.com/articles/view/217707

<翻訳>

ワシントン州知事は、2011年5月を『化学物質過敏症啓発月間』にすると言明した。

ワシントン州クリスティン・グレゴア知事は、2011年5月をワシントン州における多種化学物質過敏症啓発月間とする声明に署名した。声明では、ワシントンにおいては全ての世代の人たちが、有害化学物質やそのほかの環境中の刺激物質に一度の大量曝露、もしくは繰り返しの少量曝露の結果、多種化学物質過敏症と知られる病態になることがうたわれている。

声明ではさらに、多種化学物質過敏症が、化学物質によって障害を負った人々の福利厚生を支援する多くの機関によって認定されていることもうたっている。支援機関には、世界保健機構(WHO)をはじめ、アメリカ障害者法、アメリカ社会保障局、アメリカ住宅都市開発省、アメリカ環境保護庁が含まれている。
そして声明では、多種化学物質過敏症が、治療法が未解明の慢性疾患であり、その症状として、慢性疲労や、筋肉や関節の痛み、吹き出物や喘息、頭痛その他の呼吸器や神経障害があるともうたっている。

知事の声明ではまた、多種化学物質過敏症によって障害を受けた人々が、家計、雇用、住居、健康、社交面で影響を受けるとし、多種化学物質過敏症についての適切な対応と社会での認知度を高めることが、障害者が自らの専門技術やアイディア、創造力、技能や知識を、職場や学校、公共施設、その他の場所で発揮し続ける機会を確保することにつながるとし、多種化学物質過敏症発症者たちが、自らの病態を受け入れ、新しいライフスタイルに順応するには、家族や友人、同僚や社会の理解と協力が不可欠であり、全ての市民に対し、今回知事が声明をくだした特別月間に参加するよう呼びかけている。

多種化学物質過敏症は、今では世界中に爆発的に広がっている病気で、驚くべき率で日々発症者が増え続けている。アメリカ人の人口のおよそ16パーセントが多種化学物質過敏症に罹患している。
多種化学物質過敏症は、環境中の有害化学物質に曝露することによって発症する病気で、地球汚染が直接の原因となっている。
多種化学物質過敏症は、今やアメリカ、フランス、カナダ、ドイツ、イタリア、スペイン、オーストラリア、デンマーク、スウェーデン、スイス、フィンランド、ノルウェー、ブラジル、中国、日本、インド、パキスタン、イギリス、アイルランド、その他さらに多くの国々に広まりつつある。


訳注;このMCSAwareness Proclamation (多種化学物質過敏症啓発声明)は、19998年にアメリカの7州で始まった特別月間または特別週間で、昨年では32州が同様の声明を発表。声明のなかには、電磁波過敏症啓発を目的とするものもあります。
参考サイト;
http://www.mcs-america.org/index_files/proclamations.htm

*1998年から2011年までの多種化学物質過敏症啓発声明を発表した州。
*2011年ワシントン州知事が署名した声明

http://www.mcs-america.org/washington2011MCS.pdf


……………☆………☆