化学物質過敏症・ゆるゆる仲間
化学物質過敏症(CS)と共に、ゆるやかに支え合って暮らしたい。体調により 直ぐにお返事出来ない事もありますが、書き込みお待ちしています♪

プロフィール

前向きな気持ちで
楽しい事を分け合って
お互いに助け合って・・・

yuruyuru

Author:yuruyuru
ゆるゆる仲間へのメール



カテゴリー



ブログランキング

クリックお願いします



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011・7・9 化学物質過敏症知ってね☆映画祭

化学物質過敏症知ってね☆映画祭

2011年7月9日(土) 開催します!!
http://sky.geocities.jp/csundou/mcs_cinema_2011.html
化学物質過敏症が病名登録されてから早くも一年半が経ちます。
少しずつ認知度も上がってきました。私たちは、まずは化学物質過敏症のことを知ってもらうことが、問題解決の第一歩と考えます。
 映画を通して、化学物質過敏症の現状を知ってもらいたいと思います。
 
  会 場 : 国立オリンピック記念青少年総合センター カルチャー棟 大ホール
   小田急線・参宮橋駅より徒歩7分 メトロ千代田線・代々木公園駅(4番出口)より徒歩10分
  期 日 : 2011年7月9日(土)
  時 間 : 10:00~16:30(開場9:30)
  参加費 : 1500円 (全席自由・チケットの確認で再入場できます)
  *事前に“予約”が必要です。 なるべく 6月20日までに下記の参加フォームよりお申込みください。
   注)会場は一般の会場です。化学物質過敏症の発症者への特別な対策はなされていません。

上映作品

1、 いのちの林檎(日本/120分) 10時10分より上映

「奇跡のりんご」木村秋則さんの無農薬りんごに、命を助けられた化学物質過敏症の母子。環境汚染から逃れるために、逃げ込んだ山奥にも農薬の影響が・・・。

2、 フル・シグナル(米国/61分/字幕) 13時10分より上映

ケータイ基地局から出る電磁波に悩まされているのは海外でも同じ。爆発的に増え続ける電磁波過敏症。アメリカから衝撃的な電磁波問題映画の決定版。

3、 ミツバチからのメッセージ(日本/57分) 14時20分より上映

新しい農薬ネオニコチノイドの危険性を追求したドキュメント映画。化学物質過敏症の発症者も登場。ミツバチの大量死を通して見えてきた危険な落とし穴。

4、 ビデオレター(映画祭特別企画/約40分) 15時30分より上映 (昼休みにも同じものを上映)

発症者のありのままの姿や支援団体の取り組みなどを、一作品数分間で皆様に送るメッセージ。
発症者、専門医(宮田先生)、自治体調査、電磁波ウォークなど、9作品を上映予定。

*すべての映画の間に10分休憩をとってあります。
参加費の事前振込先です。

振込先 郵便振替  口座00270-1-97510 名称CS知ってねうぉーく実行委員会


http://mcscinema2011.blog41.fc2.com/blog-entry-1.html

………………☆
大震災により環境に様々な変化がおきています。
目にみえない感じない化学物質かもしれませんが、多くの方に知っていただきたいと願っています。
ご都合のつく方はぜひお出かけください。
スポンサーサイト

「いのちの林檎」京都上映会

ドキュメンタリー 「いのちの林檎」
http://www.inochinoringo.com/theater/index.html
以下HPより転載

京都市・いのちの林檎上映会日時2011年 8月 26日 (金曜日)

場所京都市北文化会館  ( 地図 )

説明交通 :市営地下鉄烏丸線「北大路駅」下車(1番出口)
上 映 :14:00~16:00(1回のみ)
   前売り1000円   当日1300円
主 催 :京都の環境病の会(片岸信子) 
   京都映画センター(竹内守) 
問合せ:TEL075・256・1707 FAX075・255・1905
メール:kyo-eiga@mbox.kyoto-inet.or.jp
……………☆
mixCSさんから、上映のお知らせをいただきました。
下記に掲載します。

………………☆☆

映画 いのちの林檎 
 場 所 北文化会館 大ホール(キタオオジタウン内)
 年月日 平成23年8月26日(金)
 時 間 14時上映開始
 前売り 1,000円
 当 日 1,300円
 お願い 化粧、香水、整髪料、などは、極力控えてください。

上映終了後、「見えない危険、化学物質過敏症について」講演予定があります。

ローソンで、来たる6月15日から映画のチケットを販売します。
ローソンチケット Lコード 54328 です。

………………☆
一人でも多くの方に化学物質過敏症を知っていただく大きなチャンスです。
私たちも、交流のある京都のCSさんや、関係する知人友人にお知らせしています。

遠く離れていますが、出来る限りのお知らせを続けていこうと思っています。
この記事を御覧の皆様、お知り合いがいらしたら、是非「いのちの林檎」上映会にお誘いくださいませ。よろしくお願いします。

ホルムアルデヒド情報

シックハウス症候群発症の原因物質の1つと言われているホルムアルデヒド。
CS発症者達も、曝露症状で苦しんでいます。

情報を抜粋してUPします。

………………☆
JETOC(日本化学物質安全・情報センター)
 →化学物質安全情報
 →SIAP(OECD-HPV:高生産物質初期評価プロファイル)日本語訳
 →ホルムアルデヒド

『・・・ホルムアルデヒドの水溶液は、殺菌剤や防カビ剤として用いられる・・・
ホルムアルデヒドは化粧品や家庭用洗剤のような多数の消費者製品に保存料として使用される。
タバコの煙、尿素樹脂発泡断熱材、ホルムアルデヒド含有消毒薬はすべて、ホルムアルデヒドの重要なばく露源である・・・

製品登録情報から、ホルムアルデヒドは洗剤、石鹸などの多数の消費者製品に含まれていることがわかる。これらの用途では、全量が廃水に放出されると推定してよい・・・』

建材の接着剤、壁紙の糊などに含まれているので新しい建物や合板家具等には気をつけてきました。
発症者は、多くの方が使用する化粧品や洗剤にも反応して苦しんでいます。
原因物質の1つに、ホルムアルデヒドも含まれているのでしょうか。


喫煙ニュース■喫煙による死亡者数、年間800万人に達する恐れ=WHO

■喫煙による死亡者数、年間800万人に達する恐れ=WHO

[ロンドン 31日 ロイター]

 世界保健機関(WHO)は「世界禁煙デー」の31日、2030年までに喫煙による年間死亡者数が800万人に到達する恐れがあるとの報告書を発表した。

 WHOは、今年は喫煙が原因で約600万人が死亡する見通しで、そのうち60万人は受動喫煙によるものだと推計。この傾向が続けば、21世紀中に喫煙により10億人が死亡することになると警告している。

 喫煙者を減らすべく、WHOは各国政府に「たばこの規制に関する世界保健機関枠組条約(FCTC)」の締約を呼び掛けている。

 2005年に発効した同条約は現在、172カ国と欧州連合(EU)が締約しているが、マーガレット・チャンWHO事務局長は声明で、単に条約に署名・締約するだけでなく、各国が禁煙への取り組みを強化することを呼び掛けた。



電磁波ニュース■携帯の電磁波に発がんリスクの疑い=WHO専門組織

■携帯の電磁波に発がんリスクの疑い=WHO専門組織
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110601-00000672-reu-int

………………☆
ロイター通信記事

[ロンドン 31日 ロイター] 世界保健機関(WHO)の専門組織、国際がん研究機関(IARC)は31日、携帯電話の頻繁な利用によって特定の脳腫瘍が引き起こされるリスクが高まる恐れがあるとの見解を示し、消費者に対し影響を最小限にとどめるための措置を講じるよう促した。

 14カ国の科学者31人から成るIARCのチームは、携帯電話が健康に与える影響について入手可能な全ての科学的証拠を調査。その結果、携帯電話の使用について、5段階で示される発がんリスクのカテゴリーで、上から3段階目となる「発がん性が疑われる(possibly carcinogenic)」に位置づけた。このカテゴリーには他に鉛、クロロホルム、コーヒーなどが含まれる。

 調査チームは、より明確な答えを得るには長期間にわたる詳細な研究が必要とした上で、今回の判断を受けて、WHOが携帯電話の使用に関するガイドラインを見直す可能性があるとの見方を示した。

 WHOは過去に、携帯電話の使用とがんの関係を示す明確な証拠はないとの見解を示していた。

 IARCのチームを率いたジョナサン・サメット氏は電話会見で、原則的に関連する全ての証拠を調査した結果、携帯電話の電磁波について発がん性が疑われるとの判断を下したと説明。一部の証拠では、携帯電話の使用と神経膠腫(グリオーマ)と呼ばれる脳腫瘍のリスク増加との間に因果関係が示されたと述べた。

 携帯電話の発がん性をめぐる調査では、これまで明確な因果関係が示されていなかったが、今年2月の米国の研究では、携帯電話の使用が脳細胞の活動に影響を与えると指摘している。

 IARCのディレクターを務めるクリストファー・ワイルド氏は、特に長期間にわたる携帯電話の頻繁な利用について、一段の調査が行われることが重要と指摘。「さらなる調査結果が明らかになるまでの間は、携帯電話のハンズフリー機能やメール機能を用いて(脳への電磁波の)影響を軽減するなど、実際的な取り組みを行うことが大事だ」と述べた。

 一方、業界団体はIARCの報告に反発している。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。