化学物質過敏症・ゆるゆる仲間
化学物質過敏症(CS)と共に、ゆるやかに支え合って暮らしたい。体調により 直ぐにお返事出来ない事もありますが、書き込みお待ちしています♪

プロフィール

前向きな気持ちで
楽しい事を分け合って
お互いに助け合って・・・

yuruyuru

Author:yuruyuru
ゆるゆる仲間へのメール



カテゴリー



ブログランキング

クリックお願いします



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



ラジオ深夜便・再放送

12/7に放送された
人権インタビュー「化学物質が体を襲う」
の再放送が決まったそうです。

NHKラジオ ラジオ深夜便
2月1日深夜1時 (1月31日の25時)

化学物質過敏症について丁寧に答えてくれています。
前回聞き逃された方は、ぜひ聞いてください。

ラジオ深夜便人権シリーズの5本のインタビューのうちの最優秀賞と決まったそうです。
できれば、もう少し早い時間帯でも再放送していただきたいと思います。
化学物質過敏症について、広く知っていただける事を祈っています。
スポンサーサイト

■化学物質過敏症ラジオ番組情報

ラジオ深夜便
NHKラジオ第1の新着情報
2011年12月03日 (土)
人権インタビュー「化学物質が体を襲う」~ラジオ深夜便
[12月7日(水)午前1時台]
(夜中の一時台ですので お間違えの無いように!)
………………☆☆
ラジオ深夜便
人権インタビュー(2) 「化学物質が体を襲う」
日野美奈さん(化学物質過敏症 患者)
放送日時:12月7日(水)午前1時台(6日(火)深夜)

 日野美奈さんは、衣料品店を営んでいた10年前、店内に大量発生したダニやネズミの駆除を業者に依頼しました。業者は、殺虫剤など、大量の薬品をまいたり、置いたりしました。日野さんは、その環境に身を置く中で、ある日突然、激しい頭痛に見舞われ、おう吐と下痢を繰り返し、寝込みました。病院へ行くと、医師は「原因が分からない」と診断しました。半年後、意を決して東京の病院を訪問し、そこで医師から告げられた診断結果は、「化学物質過敏症」でした。

 この病気は、許容量を超える化学物質を浴びると突如発症し、また、だれがいつ発症してもおかしくない現代病です。一度発症すると完治は難しいといわれています。発症後は、徹底的に化学物質を生活から排除する必要があるため、他人と会うことが難しく、添加物が入った食材は、一切口にできません。
 「あの日から、化学物質から逃げ惑う日々と、“望まない”引きこもり人生を強いられている」と、日野さんは言います。

 ことし3月、日野さんは患者の会を立ち上げ、インターネット上での発信を始めました。さらに10月、人前で初めて病気について語りました。

 番組では、日野さんに、発症から10年にわたる格闘の日々を振り返っていただきながら、社会が化学物質過敏症を理解する必要性を伝えていただきます。
……………☆☆
瀬戸風通信
日野さんが長時間頑張って収録してくださってます。
録音できる方は、是非お願いします。


第15回 じんけんふれあいフェスタ・パネル展

第15回 じんけんふれあいフェスタ・パネル展

☆日時・・・12月4日(日)9:30〜15:30
☆場所・・・高知市中央公園
      雨天決行

………………☆☆

「化学物質過敏症・ゆるゆる仲間」は、毎年この時期にある人権フェスタでのパネル展示に参加してきました。

参加3回目になる今年は、高知市中央公園でテントでの展示です。
これまで使ってきたパネルがあるのですが、仲間や今まで見学してくれた方のご意見なども取り入れて、より解りやすく見やすいパネルにしてみました。


テント内の展示ですので、雨天も決行です。
化学物質過敏症患者の現状や苦しみなどをパネルしてあります。
是非、見に来て下さいませ!!

尚、この記事は。期日までトップに上げておきます。