化学物質過敏症・ゆるゆる仲間
化学物質過敏症(CS)と共に、ゆるやかに支え合って暮らしたい。体調により 直ぐにお返事出来ない事もありますが、書き込みお待ちしています♪

プロフィール

前向きな気持ちで
楽しい事を分け合って
お互いに助け合って・・・

Author:yuruyuru
ゆるゆる仲間へのメール



カテゴリー



ブログランキング

クリックお願いします



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


自動車の車内の有害物質(化学物質)

あらかい健康村~~転載記事~~

「自動車の車内の有害物質」最も優秀なケミレス車は世界のホンダ!

http://blogs.yahoo.co.jp/naoluyo_21sense/52834728.html

自動車の車内の有害物質、含有量上位10車種は日韓車6割=米国(2.23 サーチナ)

アメリカの研究結果によると、一部の自動車の室内に健康に深刻な被害を与える多くの有毒化学物質が存在していることが分かった。ミシガン州アナーバー市にあるNPO団体「The Ecology Center」は、204車種を対象に車内の汚染度ランキングを作成し、三菱自動車の「アウトランダースポーツ」が室内の有毒化学物質の含有量がもっとも高かった。中国網日本語版(チャイナネット)が報じた。

ランキングによれば、有害物質のもっとも多い自動車のうち、日韓車が6割を占めた。
一方、ホンダ「シビック」の2012年モデルは有毒化学物質の含有量がもっとも少なかった。同モデルにはほとんど臭素系難燃剤やポリ塩化ビニル(PVC)が含まれていなかったほか、金属アレルギー化学物質過敏症を引き起こす物質の含有量も非常に少なかった。

「The Ecology Center」のJeff Gearhart主任は、「人びとは車内に含まれる化学物質に注目するようになった。これはとても良いことだ。車内で接触する化学物質は家や職場よりも多い。新車は特に多く、乗車すると化学的なにおいがする」と述べた。

ホンダ(米国)のMarcos Frommer広報担当は、「ホンダは10年以上、大規模な措置を講じて、ポリ塩化ビニールやそのほかの化学成分を最小限に抑えるか完全に除去するよう努めてきた。われわれの目標は塩素を含む材料の使用量を1%以下に減らすことだ」と述べた。(編集担当:米原裕子)


【元のソース】
New Ecology Center guide to toxic chemicals in cars helps consumers avoid a major source of indoor air pollution~Honda rated as top manufacturer, thanks to PVC reduction efforts
(February 15, 2012/The Ecology Center)

HealthyStuff News - New Guide to Toxic Chemicals in Cars Helps Consumers Avoid "New Car Smell" As Major Source of Indoor Air Pollution

************************以上、転載終了

CS支援センターの環境病関連ニュースサイトにも先ほどアップしましたが、自動車の車内の有害物質(化学物質)ランキングを、アメリカのNPOが発表!いい仕事していますねぇ~。最高です。


ベスト10・・・最も低化学物質の車のチャンピオンはホンダ・シビック(2012)だったそうです!
世界のホンダ、やっぱり目の付け所が素晴らしい!応援しまっせ。フォレスターが逝っちゃったら、是非ともシビックを捜したいと思います。

2位プリウス、3位キューブ・・・トヨタ、日産も健闘しています。このジャンルで競い合ってもらいたいものです。


ワースト10・・・三菱・アウトランダーが不名誉なワースト1。コストダウンがこういう結果になると格好悪いですね。頑張ってもらいたいものです。
BMWミニやVWなど、環境には最も配慮してそうなブランドがワーストに並ぶなんて信じられない結果ですが、ドイツ車=環境、というブランドイメージは、コスト競争で崩壊してしまったように感じます。


次回は、車内の電磁波ランキングを是非ともお願いしたい!とメールでも送ろうかと思います。(い)




スポンサーサイト

高知県庁のHPに「化学物質過敏症」の記載

高知県庁のホームページ
→組織でさがす→健康政策部→健康対策課
右側下方の「特定疾患・難病」の項目に
「化学物質過敏症について」記載されました。
http://www.pref.kochi.lg.jp/soshiki/130401/kagakubussitukabin.html
化学物質過敏症の説明については、
厚生労働省長期慢性疾患総合研究事業アレルギー研究班
「化学物質過敏症 思いのほか身近な環境問題」パンフレット
http://www.cssc.jp/cs_shiryo_p.pdf
より引用されています。


補足説明として
『身の回りで普通に使われている化学物質に反応して症状の出る方の中には、学校や公共の場に入ることも困難で困っている方もいます。
化学物質過敏症という疾病で不便な生活を強いられ困っている方がいることを理解し、公共の場等では原因となる物質をできる限り控える等、身近にできる配慮が大切です。』

ゆるゆる仲間ブログもリンクに入れていただきました。


ゆるゆる仲間が、高知県健康政策部健康対策課の方と面談がかなったのは1月25日の事。
迅速な対応をいただき感謝いたします。
補足説明は、私達患者の声を受けての記載と思います。
大きな一歩です。

健康対策課は、これからも窓口となっていただけるとの事です。

CS名古屋の会(仮)が発足

先日ゆるゆる仲間に、CS名古屋の会(仮)の発足のお知らせが入りました。

……………☆……☆

このたび、化学物質過敏症の患者を下記の日程で開催します。
初めての試みで、集まってお話ができればと、企画しました。
参加対象者は、発症された方、ご家族・支援者の方、未病の方と致します。

        記

日時:2012年2月12日  午後2時から
場所:コミュニティスペース『夢茶や』
   名古屋市東芳野3丁目13-2 後藤ビル1F
   
    当日連絡先(052)931-8909
    駐車場2台、近隣にコインパーキングあり
                     

なお、当日参加される方は、化粧品・合成洗剤・柔軟剤などの製品の使用を控えてください。
詳しくは下記連絡先まで。

連絡先1:藤井
     TEL&FAX  052-932-6129
携帯電話  070-5409-6129
     Mail:juchizee@willcom.com
連絡先2:大里衛材 村木
     TEL    052-571-6923(RM2-6)
FAX 052-571-6926

……………☆……☆      

地図は掲載できませんでしたので、ご自分で調べて参加くださいませ。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。