化学物質過敏症・ゆるゆる仲間
化学物質過敏症(CS)と共に、ゆるやかに支え合って暮らしたい。体調により 直ぐにお返事出来ない事もありますが、書き込みお待ちしています♪

プロフィール

前向きな気持ちで
楽しい事を分け合って
お互いに助け合って・・・

yuruyuru

Author:yuruyuru
ゆるゆる仲間へのメール



カテゴリー



ブログランキング

クリックお願いします



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



高知新聞記事

少し遅くなりましたが、転載します。

2014.1.24(火)高知新聞


高知新聞「電磁過敏 国内でも実態調査」


1/24(金)高知新聞10面の記事
「電磁過敏 国内でも実態調査」・・・国立高知病院など参加

電磁波過敏症の人の割合は、英国よりも多そうだ・・・
研究を進め、診断や治療、予防に役立つ結果をだしたい。

PS:電磁波過敏症(ES)
社会では殆ど知られておらず、気のせい、ちょっとオカシイ人だと言われ続けています。

携帯基地局が乱立する中、住居や職場を失い、日常生活にも支障をきたす電磁波障害です。
相談をしても目に見えない物に対して、気にし過ぎ、少しは我慢して、一人の人の為に多くの人の要望を飲まないわけにはいかない・・・等々。
患者は、便利優先の考え方に押しつぶされ叫びをくみ取ってもらえずに苦しんでいます。
皆さまも、今一度電磁波について考えてみませんか。




スポンサーサイト

裁判傍聴並びに転載、拡散お礼

21日(火)公務外災害裁判終了しました。

裁判傍聴並びに転載、拡散ご協力ありがとうございました。
裁判内容については、今後に影響がおよぶ可能性があるため、ここに表記することは叶いませんが、原告患者や家族は辛抱強く裁判を闘っています。

原告本人は、CS.ESとも症状をもつため法廷には出席できず、自宅待機で裁判の行方を見守っています。
まだまだこれからもこのような論戦が続くと思われますが、私たちゆるゆる仲間はこれからも支援をしていきます。
皆さまも、どうぞ化学物質過敏症患者の判例を関心をもって見守ってくださいますようお願いいたします。

http://mamasanndesu.blog5.fc2.com/blog-entry-1408.html





第2回講演会『アレルギーと災害』

明日になりましたが、お知らせします。

講演「アレルギーと災害」

2014年 01月 17日

講演会のお知らせです。


第2回講演会
『アレルギーと災害』 < 入場無料 >

2014年1月18日(土)・・・明日
13時開場 13時半開演
安芸市健康ふれあいセンター「元気館」
高知県安芸市寿町1-7 TEL0887-32-0300

「食物アレルギーの基礎知識と震災対策」
  小倉由紀子 医師
    国立病院機構高知病院小児科、アレルギー疾患研究室長
「子育てママが語るヒヤリ体験」
  森本京子さん
「安芸市における南海トラフ地震への対策と備蓄の現状について」
  中西宏文 氏 安芸市危機管理課
「一週間非常食生活~本当に生き延びられるのか~」
  高知大学医学部学生グループによる1週間の非常食体験報告
「質疑応答」

お問い合わせ先 
0887-34-2088(子育て広場ピッコロ)


賀   正

  明けまして おめでとう ございます

   本年も どうぞよろしくお願いいたします



昨年中は、関係各所の皆さま、ご支援くださった皆さまには、大変お世話になり心より感謝しています。

今年も化学物質過敏症患者にとってより良い環境になりますよう、皆さまのご支援ご協力を得ながら、できることを、できるだけ、一歩一歩前進していくことを願って活動します。

この環境病の化学物質過敏症を知らない方、知っている方、ひょっとしてそうかも知れないと思っている方も、ぜひご一緒に、考え行動してくださいますよう、よろしくお願いいたします。

化学物質過敏症・ゆるゆる仲間