化学物質過敏症・ゆるゆる仲間
化学物質過敏症(CS)と共に、ゆるやかに支え合って暮らしたい。体調により 直ぐにお返事出来ない事もありますが、書き込みお待ちしています♪

プロフィール

前向きな気持ちで
楽しい事を分け合って
お互いに助け合って・・・

Author:yuruyuru
ゆるゆる仲間へのメール



カテゴリー



ブログランキング

クリックお願いします



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


化学物質過敏症患者の避難について

台風一過・避難家族のその後

昨夜は激しい頭痛で、何もできず、眠れず・・・・・
台風が近づいてきたことが原因だったようです。
激痛は収まったけれど、全身に重み(Gがかかっている)まだ、影響が無くなったとはいえませんねぇ。

私も、自宅も大丈夫ですので、ご心配のメールや電話をくださった皆さま、本当にありがとうございました。

河川増水で避難勧告の出ていたCS患者家族は、2度目の避難勧告がでましたが、2F生活ができていて無事だとさっき電話連絡が入りました。
http://mamasanndesu.blog5.fc2.com/blog-entry-1443.html

冷蔵庫も、サポートしてくれている電気屋さんが1年かけて風晒しをし、6月に2Fに運び入れてもらっていたのが幸いして窮地が救われたとのことです。

事前にシュミレーションできれば、後手後手に回らず今回のように何とか回避できる一例だと思います。
風呂とトイレが今後の課題で、災害時用のトイレ対策を何度かシュミレーションしてあれば不安も少しは解消されるでしょう。

浸水などの災害時後の対策について、聞かれました。
1998高知豪雨の時の私の体験から、考えられることを伝えました。
①建築時の設計図が残っているかどうか、ある場合、施工会社に依頼できるかどうか。
 別の会社に依頼する場合、設計図無しで工事ができるかどうか。連絡先は見える場所に必ず書いて置く。
②自宅に居ながらの工事は危険なので、何処かに移動できる場所を確保する。これは発症者には簡単なことでは無い。
③災害時は、工事が集中し施工者も資材も不足するので、短期間では終わらない。

ちなみに、私の場合9月24・25の集中豪雨後、直ぐに施工会社に連絡し着工したものの11月末までかかったのです。
災害時体験を、きちんと伝える責任があるのでしょうね。
災害時ネットワーク活動として、今後の課題にします。


スポンサーサイト

街路樹:名古屋市 小ぶりで剪定必要ない木に植え替え検討

街路樹:名古屋市 小ぶりで剪定必要ない木に植え替え検討
毎日新聞 2014年07月11日 03時30分(最終更新 07月11日 10時09分)

http://mainichi.jp/select/news/20140711k0000m040153000c.html

以下全文転載
・・・・・・・・・・・・☆
名古屋市が、市内の街路樹をハナミズキなど小ぶりで剪定(せんてい)がほとんど必要ない樹木に植え替える方向で検討していることが分かった。全国的に問題となっている倒木や枯れ枝の落下の被害を防ぐとともに、大木の根が舗装を持ち上げ歩道がでこぼこになる「根上がり」現象を抑える効果や、管理コストの低減が期待される。市の担当者は「実現すれば先進的な取り組み」と期待を寄せる。【岡大介】

 市緑政土木局によると、市内には約10万4000本の街路樹があり、面積当たりの本数は政令指定都市で最多。多くは市街地開発が盛んだった1960年代前後に植えられたが、生育し過ぎて視界が遮られることも珍しくない。さらに、栄養が行き渡らず倒木するケースも。

 また、全国的な例では、川崎市で今年4月、商業施設内の街路樹の枝が折れて女児の頭に当たり、大けがをするなど街路樹による事故の危険性が指摘されている。

 名古屋市では2004年度からの10年間で、倒木や枯れ枝の落下などによる被害は、台風によるものを除いても計36件発生。根上がりした歩道で歩行者がつまずいてけがをした事例も7件あった。

 しかし、市の財源不足もあって街路樹の管理予算は減少の一途だ。97年度の18億4790万円をピークに減り続け、14年度は8億3233万円と半分以下。危険性が高まっているのは予算削減で管理が行き届かないことも影響しているようだ。

 こうした中、市は小ぶりな樹木に替えればリスク低減につながるとの発想で、13年度、試験的に南、東両区でアオギリ計約80本を伐採。ハナミズキなどに植え替えた。植え替えには1本当たり約17万円かかるが、毎年約1万4500円の剪定コストがほぼかからなくなり、10年ほどで「元が取れる」計算だ。

 市の諮問機関「緑の審議会」も今月、植え替えを含む対策を提案する見通し。市はこれを受け、生育が早く管理に手間がかかるアオギリやエンジュなど計約1万本が植えられた地域を中心に、植え替える地域を抽出するとみられる。街路樹は景観を良くするほか、気温上昇を抑えたり排ガスを吸収するが、小ぶりな樹木に植え替えても役割は果たせるという。

以上転載終了
・・・・・・・・・・・・・☆
行政のリスク軽減という観点からみると、このような結論になるのでしょう。
私たち化学物質過敏症患者から見ると、農薬散布によるハイリスクの軽減に繋がるならと注視して見守りたいものです。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。