化学物質過敏症・ゆるゆる仲間
化学物質過敏症(CS)と共に、ゆるやかに支え合って暮らしたい。体調により 直ぐにお返事出来ない事もありますが、書き込みお待ちしています♪

プロフィール

前向きな気持ちで
楽しい事を分け合って
お互いに助け合って・・・

Author:yuruyuru
ゆるゆる仲間へのメール



カテゴリー



ブログランキング

クリックお願いします



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


~あらかい健康キャンプ村&健康市場だより~

体調快復の第一歩は、とにかく「意識」を変えること!
http://blogs.yahoo.co.jp/naoluyo_21sense/55176047.html

一部抜粋掲載
・・・・・・・・・☆☆
あらかい健康キャンプ村は、5月のGW過ぎくらいには、桜が咲き、気温も春らしくなって、朝晩は、まだ一桁くらいまで冷え込むかもしれませんが、芽吹きと同時に心と体のリトリートメント、転地療養がスタートできるかと思います。

キャンプ村への利用申し込み、ご相談をいただく方には、事前に資料をお送りしていますが、この資料を読んだだけで、体調快復して、転地療養の必要がなくなる方も少なくありません。

http://www.21sense.com/kabinsho_wo_naosu_kisotisiki.pdf

 意識さえ変えられれば、地球がよろこぶ無添加モノサシに変わり、心と体が必要な食べ物に気づき、洗剤を石けんに変え、早寝早起きの生活習慣になり、衣類が変わり、ポジティブ意識を本気で心がけ、転地療養によって、さらに、デトックス速度が早まり、社会復帰やあらたな人生への進路が目の前にスッと拓けていくようです。

・・・・・☆☆

スポンサーサイト

■公務災害認定裁判告知:傍聴と拡散依頼

公務災害認定裁判告知:傍聴と拡散依頼            
<2004年に、勤務した小学校に放置されたマツクイムシ駆除剤にさらされたことにより、化学物質過敏症を発症したとして、公務災害認定を求めて申し立て。2008年公務外災害と認定される。審査請求と再審査請求が棄却された。>

第18回口頭弁論
◆日時・・・2015 年2 月24 日(火)13時10分~
◆場所・・・高知地方裁判所
  高知市丸ノ内1-3-5 TEL 088-822-0340

・・・・・・☆☆
原告化学物質過敏症(CS)患者さんからの投稿を編集し一部転載します。

公務災害認定の裁判中の、ゆるゆる仲間Aです。
いつも皆様から温かなご支援を頂き心から感謝しております。
体調がなかなか回復せず、皆様へのお礼やご報告が遅くなってしまい大変申し訳なく思っております。

★発症の経緯
*2004年8月、小学校校長の指示により、放置された液体入りの錆びた缶を、農薬と知らされず倉庫に移動、蓋付きの缶に入れ保存する。
*翌日、缶の内容物はマツクイムシ駆除剤で、薬剤師に処分を依頼したと知らされる。
*2日後、処理依頼された薬剤師が持ち帰る。
薬剤師証言・・・缶には強烈な鼻をつくような刺激臭があった。
医療廃棄物専門業者により特別管理廃棄物として焼却処分。
 
薬剤処理後から様々な症状に苦しむようになり症状悪化。
入院治療、転地療養などに努めるが、CSの回復は難しく、家族の介護なしでは暮らせない状態が続いている。

当時、全く知識がなかったため専門医にCS診断(2006年)されるまでに2年が経過。
2007年3月、相手方(地方公務員災害補償基金)に公務災害の申請。
本人には一度も被災状況についての聞き取りもないまま、公務外とされる。


★裁判の経緯
第1回口頭弁論2011.7.15 ~現在に至る。

二人の主治医(CS専門医とアレルギー専門医)と、CS第一人者と言われる専門医M医師も、間違いなくCSであり、原因は明瞭とした詳しい意見書を提出、主治医2人は証人尋問(2014年1/21、7/16)で証言。

私自身の口頭陳述は、体調不良により調整が難しく、裁判官と弁護士が何度も協議し、二人の主治医のご尽力で2014年9月19日に終える。

しかし、相手方は疾病自体を否定、私がCSであることも認めていません。

CSの理解を深め、後に続かれる方達にも希望を持って頂けるような前例となれるように、もう少し頑張っていきたいと思っています。
これからも皆様に見守って頂けますよう、どうぞよろしくお願いいたします。
・・・・・☆
いつも、温かいご支援くださいます皆さま、ありがとうございます。
今回も、原告CS患者の現状を知っていただけますよう、傍聴並びに拡散をお願いいたします。
「化学物質過敏症・ゆるゆる仲間」も支援しています。

以下、参考資料が読めるように添付しました。

参考資料
●NPO化学物質過敏症支援センター
http://www.cssc.jp/index.html

●高知県HP:高知県 健康政策部 健康対策課:難病担当
http://www.pref.kochi.lg.jp/soshiki/130401/kagakubussitukabin.html

●高知市HP:高知市保健所:生活食品課
http://www.city.kochi.kochi.jp/soshiki/36/kagakubussitukabinnsyou.html

裁判資料
2011.7/16(土)高知新聞
http://yurunakama.blog90.fc2.com/blog-entry-276.html
2014年1月21日裁判告知
http://yurunakama.blog90.fc2.com/blog-entry-464.html
2014年7月16日
http://yurunakama.blog90.fc2.com/blog-entry-504.html
2014年11月2日
http://yurunakama.blog90.fc2.com/blog-entry-516.html



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。