化学物質過敏症・ゆるゆる仲間
化学物質過敏症(CS)と共に、ゆるやかに支え合って暮らしたい。体調により 直ぐにお返事出来ない事もありますが、書き込みお待ちしています♪

プロフィール

前向きな気持ちで
楽しい事を分け合って
お互いに助け合って・・・

yuruyuru

Author:yuruyuru
ゆるゆる仲間へのメール



カテゴリー



ブログランキング

クリックお願いします



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



保土ケ谷高のシックハウス問題で元教師が県教委を提訴/横浜地裁

シックスクール ニュース 
■保土ケ谷高のシックハウス問題で元教師が県教委を提訴/横浜地裁

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1452747748&owner_id=3033388

***********☆
転載元はぼやきさんmixです

【神奈川新聞】(3月30日)

ローカル新聞ですが、保土ヶ谷高校のシックハウス裁判のニュースが載っています。

今後のゆくえを見守りたいです。
ぜひ、みなさんも応援してくださいませ。

________
(記事)
神奈川県立保土ケ谷高校(横浜市保土ケ谷区川島町)で2004、05年にシックハウス症候群とみられる頭痛や吐き気などを生徒や教職員が訴えた問題で、当時同校に勤務していた男性教諭が30日、県を相手に健康被害の損害賠償として約4723万円を求める訴えを、横浜地裁に起こした。
県の調査結果によると、04年に同校の屋上防水工事で塗られた有害な揮発性有機化合物が建物内に拡散。弁護団によると、県が校舎の使用停止を決めたのは工事から6カ月後で、全校生徒のほぼ半分に当たる308人が体調不良を訴え、教員も含めた計7人がシックハウス症候群と診断された。
原告は、同症候群と診断されたうちの1人で、横浜市の柳沼英夫教諭(55)。同教諭は「工事中に異臭や体調不良を訴える教員がおり、当時、速やかに対処していれば、健康被害は避けられた」と県の責任を指摘している。
県教育委員会の山本正人教育長は「訴状を見ていないのでコメントを差し控える」としている。

************☆

スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する