化学物質過敏症・ゆるゆる仲間
化学物質過敏症(CS)と共に、ゆるやかに支え合って暮らしたい。体調により 直ぐにお返事出来ない事もありますが、書き込みお待ちしています♪

プロフィール

前向きな気持ちで
楽しい事を分け合って
お互いに助け合って・・・

yuruyuru

Author:yuruyuru
ゆるゆる仲間へのメール



カテゴリー



ブログランキング

クリックお願いします



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



■CSニュース・化学物質過敏症 二審は労災認定

asahi.com 岡山
2011年04月01日

化学物質過敏症 二審は労災認定

……………☆

■高裁岡山支部


 有機溶剤を使った塗装の仕事で化学物質過敏症になったのに、労災保険の適用を認めないのはおかしいとして、和気労働基準監督署の処分の取り消しを求めた備前市の男性の訴えが31日、広島高裁岡山支部で認められた。


 男性の訴えを認めなかった一審判決は破棄された。


 判決によると、男性は1995年4月に就職した備前市のガス会社で、使用済みガスボンベを、スプレーガンやラッカースプレーなどで塗装する作業に従事していたが、00年7月以降、倦怠(けん・たい)感や頭痛などを訴えて仕事を休みがちになり、01年12月に退職した。


 男性はその後、労災保険法に基づき、休業と療養の補償給付を和気労基署に申請したが、03年3月に「疾病と業務は無関係」として不支給とされた。


 高田泰治裁判長は、男性が化学物質過敏症の診断基準を満たし、5年半有機溶剤にさらされたと指摘し、「病気は作業が原因と認められる」と判断した。(平井恵美)

スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する