FC2ブログ
化学物質過敏症・ゆるゆる仲間
化学物質過敏症(CS)と共に、ゆるやかに支え合って暮らしたい。体調により 直ぐにお返事出来ない事もありますが、書き込みお待ちしています♪

プロフィール

前向きな気持ちで
楽しい事を分け合って
お互いに助け合って・・・

yuruyuru

Author:yuruyuru
ゆるゆる仲間へのメール



カテゴリー



ブログランキング

クリックお願いします



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



患者会発足記念日

今年も1月17日。
患者会結成8年記念日と、忘れてならない阪神大震災20年目です。

この日を選んで結成したわけではないのですが、後々偶然ではなく必然だったのではと考えるようになりました。

高知県では、毎日南海トラフ問題がTVで流れます。
私たち患者会も、「災害時ネットワーク」登録を進めています。

化学物質過敏症(CS)患者が、その地域に災害弱者が住んでいることを知っていてもらうこと。
安否を伝えることで、救出や捜索がスムーズに出来ると考えています。

避難先では、先ず化学物質過敏症患者と伝えなくてはいけない。
その後、出来る限りダメージを減らすための工夫をしながら協力を求める。

自助(自分を守る)、共助(地域で助け合う)、公助(行政の助け)が基本ですが、CS患者は災害時対策にまで気持ちのゆとりがないかもしれません。

それでも、助けを待っているばかりでは、何も解決できません。
リスクシュミレーションもしておけば、恐怖心におののきパニックで混乱することも少ないようです。
これは現在のCS生活を送るのにも大切です。

ずっと以前行政の長が災害時に、「自分の身は自分で守ってください」と発信されたことがありました。
それほど大変な状況で、行政も動けない時があったと記憶してます。

南海トラフがどれほどの災害になるかは予測できませんが、心構えと準備は必要です。
3・11大地震で助かった中学生たちの、いつも訓練していたからとっさに行動できたと言う姿に、つくづく教えられることが大きいと思い記事を書いてみました。

忘れてはなりません。
大きな経験をされた人々の言葉を・・・
これを機会に考えてみませんか!
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する