化学物質過敏症・ゆるゆる仲間
化学物質過敏症(CS)と共に、ゆるやかに支え合って暮らしたい。体調により 直ぐにお返事出来ない事もありますが、書き込みお待ちしています♪

プロフィール

前向きな気持ちで
楽しい事を分け合って
お互いに助け合って・・・

yuruyuru

Author:yuruyuru
ゆるゆる仲間へのメール



カテゴリー



ブログランキング

クリックお願いします



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



■新聞記事:8月23日(日):高知新聞朝刊

8月23日(日)
高知新聞朝刊
「化学物質過敏症 理解を」


一部抜粋掲載
・・・・・・☆
県東部50代女性
発症責任求め裁判継続
・・・控訴審は9月中旬に始まる予定


・・・私と同じような状況で苦しむ人を、もう出したくない。
あらゆる面で負担が大きい裁判を続ける理由を、OOさんはそう話す。・・・
・・・全国で(同様の)裁判をしている人も、病気のことを知って欲しいという気持ちだと思うのです・・・




以上転載終了
・・・・・☆
生活するには周囲の協力が必要。でも理解が進まず、孤独に暮らし、先進的に緊迫した患者が増えている。・・・
分かりずらい『目に見えない病気』を社会が支えるようになってほしいんです・・・

患者会が、初めて取材を受けたのは6月6日、オーガニックマーケット開催中の池公園をお借りして。
その後、面談や取材などを幾度も重ねて本日掲載されることになりました。
取材場所を長時間何度も提供してくれた歩屋さん、根気よく取材に応じてくれた記者さん、たくさんの皆さまのご協力ご支援のお陰で無事に新聞記事になりましたことを、ここに心より感謝しお礼申します。


スポンサーサイト


この記事に対するコメント

こんばんは。
新聞記事、拝見しました。

病気の辛さ、様々な苦労や裁判での辛い思いなど、想像しながら読ませていただきました。自分の病状や環境とも照らし合わせて色々なことを思います。

今は少し回復なさったとのことで、このような活動をされていることに、年下の私が言うのもおこがましいですが、本当に頭の下がる思いです。

明らかにマツクイムシ駆除剤が化学物質過敏症の発症の引き金になっているような気がしますが。それ以前からの様々な体の症状や病歴、普段の生活で接する化学物質があったという現実が、相手方にとっては逃げ場にできるというか。。。

病気発症の原因そのものが、たらいまわしにされるような、どうにもスッキリしないこの感じが、化学物質過敏症という病気の厄介なところの一つでもあるような気がします。

私も家族や友人を家に呼ぶことができなくなり、また、誰かのお宅に遊びに行くことも今ではすっかりなくなりました。それでも週末の買い物には出かけられるようになりましたが。その状態や様々な制限の理由を周りの人間に説明するだけでも、体力・気力を使いとても疲れます。

幸いなことに、一緒に暮らす家族からは協力してもらうことができており、環境・食事などに気をつけて今は少しずつ体調も気持ちも上向いてきているような気がしています。

私は今、自分の体質改善に努めていますが、それと共に、これ以上この病気の人が増えないことを祈るばかりです。

裁判ですが、控訴されるとのことで、私は何もお役に立てていませんが、これからも遠くから応援させてください。

長くなりました。
もし内容に何か問題があるようでしたら、コメント消してくださって大丈夫です。
よろしくお願いします。

またお邪魔させてください!
もくもく。



【2015/09/04 18:37】 URL | もくもく #-[ 編集]

コメントありがとうございます。

暖かいお心遣い感謝いたします。

発症者のおかれる立場は、薄氷を踏むような危なっかしいものです。
本当に、苦しく生きにくい日常ですが、助け合って支えあって暮らしています。

控訴が成功利に導かれますよう心より願って支援を続けますので、よろしくお願いいたします。


【2015/09/08 20:06】 URL | yuruyuru #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する