化学物質過敏症・ゆるゆる仲間
化学物質過敏症(CS)と共に、ゆるやかに支え合って暮らしたい。体調により 直ぐにお返事出来ない事もありますが、書き込みお待ちしています♪

プロフィール

前向きな気持ちで
楽しい事を分け合って
お互いに助け合って・・・

yuruyuru

Author:yuruyuru
ゆるゆる仲間へのメール



カテゴリー



ブログランキング

クリックお願いします



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



■行政と面談:道路農薬散布について

■活動記録

患者会「化学物質過敏症・ゆるゆる仲間」の活動のひとつで、街路樹・低木への農薬散布、除草のための除草剤散布事前情報を随時メール配信しています。

目的は、外出時や自宅周辺で農薬散布区域に近づかないことで、患者の健康被害を出来る限り防ぎ体調の維持管理がでるよう支援することです。

国道、県道、市道、公園等の害虫駆除や防除について、管理実施する各管轄部署から患者会に事前通知メールが送信され、患者各自が問い合わせもできるよう連絡先提示するシステムを構築しています。
最近は電話やメールでのお願いでしたが、面談機会を設けてくださったことでスタッフが出向き情報交換をさせてもらいました。

今回は、県道関係各部署の方がたと面談する運びになりました。
◆日 程・・・2015.10.19(月)AM9:00
◆場 所・・・高知県高知土木事務所  
◆参加者・・・高知県土木部道路課並びに高知土木事務所道路管理課道路保全班の方々4名
        「化学物質過敏症・ゆるゆる仲間」スタッフ3名
       高知県健康政策部健康対策課から技師1名が同席
計8名の面談となりました。
     
☆・・・・・・・・・・・・☆
内   容
◆化学物質過敏症(CS)について
◆農薬散布による健康被害
◆事前通知の重要性
◆除草剤などの代替え品の提案
◆街路樹の剪定方法や虫が付きにくい樹木を選ぶなどの提案
◆患者会以外の方にも農薬散布情報を伝える(現場での掲示)などの要望など

配布資料
◆CS支援センター冊子、リーフレット、その他資料。
◆農薬散布体験など会員の声を提出。

<面談日程が決定後、準備期間が2日しかなかったのですが、農薬曝露に関する症状などの情報提供を一斉メール配信したところ、16名もの会員から返信がありました。
体調が不安定な中、切実な生の声が集まったことにスタッフは驚き、この声を届けなくてはと急ぎ資料を作成しました。>
資料を提供しながら、双方が質問や回答で2時間を超えるやり取りが行われ、とても有意義な面談となったと考えます。

長時間患者の声に熱心に耳を傾けてくださいましたことに、心より感謝申します。
今日まで、事前通知により多くの患者は農薬曝露を回避できたことに感謝するとともに、今後は情報交換を通じて更に知恵を出し合い、これ以上の発症者の増加を防ぎ、誰もが安全に暮らせる環境をめざし、農薬散布の軽減に向かうことを願うばかりです。

∞∞∞∞∞
今回、提示しただけでお渡しできなかった参考資料

◆農水省のHP:「住宅地等における農薬使用について」
http://www.maff.go.jp/j/nouyaku/n_tekisei/jutakuti/

◆農水省・環境省:リーフレット「農薬飛散による被害の発生を防ぐために」(PDF:1,008KB)
http://www.maff.go.jp/j/nouyaku/n_tekisei/jutakuti/pdf/ri_huretto.pdf

◆岐阜市HP:「化学物質に関する取組」
http://www.city.gifu.lg.jp/12993.htm

◆ラウンドアップ(グリホサート)について
Wikipediaより
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/ラウンドアップ
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する