化学物質過敏症・ゆるゆる仲間
化学物質過敏症(CS)と共に、ゆるやかに支え合って暮らしたい。体調により 直ぐにお返事出来ない事もありますが、書き込みお待ちしています♪

プロフィール

前向きな気持ちで
楽しい事を分け合って
お互いに助け合って・・・

yuruyuru

Author:yuruyuru
ゆるゆる仲間へのメール



カテゴリー



ブログランキング

クリックお願いします



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



■高知新聞・声ひろばに投稿記事

2016年2月3日(水曜日)
高知新聞朝刊・12面

高新・声ひろば2016.2.3.

かねてより、発症者の増加に伴い受診予約が混み合っていたのですが、ここ最近は特に多くなってきていました。
そのうえ投薬をお願いしたいのに、体調もあり、なかなか外来に行けないことが続いてます。

毎週水曜午後だけでは、当然多くの患者さんに対応は難しいのでしょう。
抜本的な対策はどうすれば良いのかわかりませんが、この現状をどうにか知ってもらえればと、新聞の声ひろばに投稿してみました。
小さな声ですが、心からの切望です。
どうか、皆さんに知ってもらってください。

~~~~~~☆

「化学物質過敏症専門外来増設を」

「化学物質過敏症・ゆるゆる仲間」 高知患者会 代表 福田喜代子

『香料や防虫剤、建材などに含まれる化学物質により頭痛、発熱、咳、痺れ、くしゃみ鼻水、吐き気、下痢などの様々な体調不良を起こす化学物質過敏症患者が増えています。重症化すると転居、転職を余儀なくされますし、全く仕事ができなくなる患者さんも決して少なくありません。最近は大人だけでなく子ども達の患者の増加が目立ち、学校に行けない原因の一つになっています。

ゆるゆる仲間は県内の患者さんからの問い合わせを受け、情報交換や生活の工夫を通した症状改善のお手伝いをしています。

医療では、国立病院機構高知病院が中四国地区でたったひとつの専門外来で、患者にはなくてはならない貴重な病院です。

ところが治療に当たる専門医が一人であり、このところ患者数の増加が激しく、県外からの患者も多数受診するために、予約待ちが数ヶ月という状況が続いています。その間体調悪化を抱えながら待機するしかありません。

せめて、新規患者は最優先で受診できるようにしてもらいたいものです。
そのため、専門医の増員と各県1箇所程度の外来新設を切望してます。 』

~~~~~~☆
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する