化学物質過敏症・ゆるゆる仲間
化学物質過敏症(CS)と共に、ゆるやかに支え合って暮らしたい。体調により 直ぐにお返事出来ない事もありますが、書き込みお待ちしています♪

プロフィール

前向きな気持ちで
楽しい事を分け合って
お互いに助け合って・・・

yuruyuru

Author:yuruyuru
ゆるゆる仲間へのメール



カテゴリー



ブログランキング

クリックお願いします



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


■化学物質過敏症発症者の困難な回避

この時期、公共施設耐震工事やリホーム、マンションなどの塗装工事、農作物や樹木などへの農薬散布が続々とおこなわれています。

化学物質過敏症患者は、工事現場が住まいに近い場合、回避する必要に迫られます。

避難場所が確保できる患者さんは一部だと思われます。
しかし、住みながら外気を遮断して暮らすのは、困難を極めます。
日常の暮らしを守るために、情報収集できる方はまだ良い方で、何も情報を得られずただ症状悪化に耐えながら苦しむ患者さんがたくさんいらっしゃいます。

化学物質過敏症の人は、見えない障害とも言われる環境病なので、空気環境の悪い場所などに移動することが難しかったりするため、あまり知られていないのでしょうが、建設業界では今は化学物質については問題はない、と考えている人は多いようです。

実情を知ってもらう一例として紹介すします。
このようなサイトがありました。
説明不足もありますし、違う部分もあります。
普通の不動産業者さんが書かれたサイトです。
一例として挙げてみました。
http://296fd.co.jp/useless-in-natural-materials-housing/

★自然素材の住宅であれば化学物質過敏症の方でも大丈夫、ではありません
★エコ対策建材で症状が悪化するという可能性もあります
★一般の基準は過敏症の方に耐えられるものではありません

この情報は、一般的なものですので信頼できるかどうかは、自己責任において判断されますようお願いします。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。